ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > まちの話題RUPO&NEWS > 平成27年度 > 平成27年5月 > 松原浩さんによるスライド・トークが行われました

松原浩さんによるスライド・トークが行われました

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年5月25日更新

5月23日(土曜日)、スライド・トーク「こころに映った風景 小千谷の四季に寄せる想い」が開催され、作者である松原浩さんによる作品解説が行われました。
これは、5月17日(日曜日)から楽集館で開催の写真展「小千谷の四季 こころに映った風景」にあわせて行われたものです。 

松原さんの作品は、撮影した写真をパソコンの画像編集ソフトを使用し、加工しています。これは、撮影の際に自分が感じた感動や、自分の心に映った風景により近いものを残すために行われるものです。
実際に、人間の目とカメラが捉えることのできる色や光には大きな差があります。その捉え切れない光の明暗や強弱を調節するため、明るさの違う同じ風景を何枚も撮影し、それを重ね合わせ、調節することで、自分の見た風景に近いものを作り出していくのです。
今回の写真展には、小千谷の四季の変化を写した40点の作品が展示されています。その1枚1枚をスクリーンに映し出し、自分が感じた感動や思いを写真とともに紹介してくださいました。

スライドの写真を説明する松原浩さんの画像
1枚1枚丁寧に紹介し、解説していました
来場者の質問に答える松原浩さんの画像
撮影方法など、来場者から質問を受けていました
写真が展示されている会場の画像
会場には40点が展示されています
写真に見入る来場者の画像
来場者は真剣な表情で写真に見入っていました