ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > まちの話題RUPO&NEWS > 平成29年度 > 平成30年1月 > 市内各地で小正月の行事が行われました

市内各地で小正月の行事が行われました

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年1月16日更新

今年は、消防本部に約80件のさいの神の届出があり、その多くが1月14日の開催でした。
各会場では、おおぜいの方がさいの神の火で焼いたするめや餅を食べて、今年一年の無病息災を祈りました。
お酒やとん汁、みかんの振る舞いや福餅まきなど、各地域とも趣向を凝らした催しを行い、参加者は小正月の一日を楽しんでいました。

桜町・二ノ宮地区のさいの神の画像
長い棒の先には、するめや餅が付けられています(桜町・8日)
千谷地区のさいの神の画像
天高く「おんべ」が舞い上がりました(千谷・14日)
本町のさいの神の画像
二荒神社では厄年の方々がさいの神に点火しました(本町・14日)
片貝地区の餅まきの画像
片貝地区では恒例の福餅まきが行われました(片貝町・14日)
片貝地区のさいの神の画像
燃えさかるさいの神を囲む片貝町民のみなさん(片貝町・14日)
片貝地区のさいの神と花火の画像
さいの神に合わせて花火が打ち上がりました(片貝町・14日)