ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ

こみちウォークが行われました

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年5月26日更新

5月24日(日曜日)、山本山周辺を歩く「こみちウォーク」が行われ、クラインガルテンのラウベ利用者や地元の方など13人が参加しました。

「こみちの会」のみなさんが整備した「こみち」には、落ち葉でふかふかの山道や木々に囲まれた緑のトンネル、見晴らしの良い休憩所などがあり、参加者はゆっくりと自然を楽しみながら歩いていました。
また、ワラビやコシアブラなどの山菜をリュックいっぱいに詰めている方や、立派なサルノコシカケを見つけて感動している方もいて、約3時間のウォーキングの中でさまざまな収穫があったようです。

歩き終えた後はみんなでとん汁を食べ、1人ずつ「こみちウォーク」に参加した感想を発表しました。
参加者からは、「山本山は小千谷市の宝だ。改めていいところだと感じた」「普段通らない道を歩けて貴重な体験になった」「みんなでお喋りしながら楽しく歩けた」という声がありました。

来年はもっとおおぜいの方に参加してほしいとのことです。動植物を観察しながら、仲間と楽しく話をしながら、自然の中を歩いてみてはいかがでしょうか。

ふれあいの里を出発する参加者の画像
おぢやクラインガルテンふれあいの里から出発しました
神社に立ち寄る参加者の画像
途中、神社に立ち寄ってお参りをしました
こみちを歩く参加者の画像
山道を進んでいきます
見晴らしのいい景色を楽しむ参加者の画像
コースの途中には、見晴らしのよい休憩所が何か所かあります
菜の花畑を歩く参加者の画像
山本山の菜の花がきれいに咲いていました
山菜を手に持って歩く参加者の画像
山菜がたくさん採れ、みなさん笑顔です
緑のトンネルを歩く参加者の画像
緑のトンネルを抜ければ、ゴールはすぐそこです
とん汁をいただく参加者の画像
クラインガルテンに戻り、みんなでとん汁を食べました