ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ

こみちウォークが行われました

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年5月27日更新

5月18日(土曜日)、山本山周辺を歩く「こみちウォーク」が行われ、クラインガルテンのラウベ利用者や地元の方など20人が参加しました。

当日は、ふれあいの里を出発し、塩殿集落を通って、地元の「こみちの会」のみなさんが整備した山道を登り、山本山牧場を目指して歩きました。
コースの途中では、地元の案内人の方によるコゴミやコシアブラなどの山菜の説明があったり、見晴らしのよい場所で休憩したりしながら山本山へ向かいました。

山本山牧場では、案内人の方の指導のもと、参加者のみなさんは姫たけのこ採りに挑戦しました。みなさん夢中になって探し、中には数十本も採った方もいらっしゃいました。
その後、市指定文化財の澤山神社の大杉を見学したり、柳太郎井戸の湧き水を飲んだりと、山本山周辺の見所を満喫しながら、クラインガルテンに戻りました。

歩き終えた後は、見晴らし広場で昼食を食べました。
地元の方が作ったトン汁がふるまわれたほか、コゴミや採ってきたばかりの姫たけのこが出され、参加者は初夏の山の恵みを楽しんでいました。

ふれあいの里を出発する参加者の画像
おぢやクラインガルテンふれあいの里から出発しました
こみちを歩く参加者の画像
草木が伐採された山道を進みます
植物の説明をする案内人の画像
所々で案内人の方から山菜などの説明がありました
見晴らしのいい景色を楽しむ参加者の画像
コースの途中には、見晴らしのよい休憩所もあります
山本山牧場付近を歩く参加者の画像
越後三山を眺めながら、山本山牧場付近を歩きました
澤山大杉を見る参加者の画像
澤山神社の大杉の大きさには、圧倒されたようでした
見晴らし広場で昼食を食べる参加者の画像
絶景が広がる見晴らし広場で昼食を食べました
採ってきた姫たけのこを食べる参加者の画像
「パクッ」採れたての姫たけのこを茹でていただきました