ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > まちの話題RUPO&NEWS > 平成27年度 > 平成27年10月 > 第34回健康福祉まつりが開催されました

第34回健康福祉まつりが開催されました

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年10月14日更新

健康福祉展福祉ふれあいフェスティバルトリム・ウォーキング

健康福祉展

10月11日(日曜日)、総合体育館で「健康福祉展」が行われました。
市内の保健、医療、福祉などの関係団体による展示や体験、専門家の相談コーナーなどが設けられ、来場者はゲームやクイズをしながら健康づくりについて学んでいました。

にぎわいを見せる会場の画像
おおぜいの方が会場を訪れました
口腔内検診してもらう来場者の画像
歯科医師による検診
食事バランスについて学ぶ来場者の画像
食生活改善のコーナー
車椅子試乗体験をする来場者の画像
車椅子の試乗体験
親子体操をする保育士の画像
保育士による親子でふれあいコーナー
心肺蘇生法体験コーナーの画像
心肺蘇生法の体験コーナー
献血に協力する来場者の画像
献血にもご協力いただきました
手づくり品展示即売コーナーの画像
たくさんの手づくり品が展示即売されました
体力テストを行う親子の画像
サブアリーナでは体力テストも行われました
人KENまもる君とふれあう子どもの画像
人KEN(けん)まもる君とふれあう子どもたち

福祉ふれあいフェスティバル

10月11日(日曜日)、サンラックおぢやでは「福祉ふれあいフェスティバル」が行われました。
会場では手話や点字の体験コーナーのほか、福祉団体による自主製品の販売やステージ発表などがあり、こちらもおおぜいの人でにぎわっていました。
おもちゃ広場にはダンボールで作った巨大迷路やたくさんのおもちゃがあり、子どもたちも大喜びでした。

手話体験の画像
手話サークルのみなさんによる体験指導
手づくりの小物をつくる来場者の画像
まつぼっくりの小物作りコーナー
総合支援学校のみなさんによるステージ発表の画像
総合支援学校のみなさんによるステージ発表
おもちゃ広場で遊ぶ子どもたちの画像
おもちゃ広場で遊ぶ子どもたち

第38回小千谷トリム・ウォーキング大会

10月12日(体育の日)、総合体育館発着で第38回小千谷トリム・ウォーキング大会が開催されました。
当日は、12キロメートルのコースに169人、8キロメートルのコースに171人、わくわくコースに298人の計638人が参加しました。
参加したみなさんは、小千谷の秋の景色を楽しみながら、それぞれのコースで汗を流していました。
白山運動公園に5種類のアトラクションゲームが設けられたわくわくコースでは、子どもたちが楽しそうにゲームに挑戦していました。
ゴール後にはとん汁のサービスがあり、みなさんおいしそうに食べていました。

総合体育館をスタートする参加者の画像
総合体育館からスタートしました
一生懸命に歩く子どもの画像
小さな子どももがんばって歩きました
太田ダムを歩く参加者の画像
12、8キロメートルコースの途中にある太田ダム
ゲームに挑戦する子どもの画像
わくわくコースでアトラクションに挑戦する子どもたち
ゴールに到着した参加者の画像
「ゴール!」最後まで元気いっぱいです
とん汁とお弁当を食べる家族の画像
ゴールの後は、持参したお弁当とサービスのとん汁を外で食べていました