ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > まちの話題RUPO&NEWS > 平成22年度 > 平成22年10月 > 第29回おぢや健康福祉まつりが開催されました

第29回おぢや健康福祉まつりが開催されました

印刷用ページを表示する 掲載日:2010年10月21日更新

講演会「ゆっくり生きよう のんびりいこう ゆいま~る」

10月8日(金曜日)、市民会館大ホールで、心の健康をテーマに自殺予防や心の病気について考える講演会「ゆっくり生きよう のんびりいこう ゆいま~る」が開催されました。
この講演会は「おぢや健康福祉まつり」の一環として「小千谷市自殺予防対策を考える会」が開催したもので、小堀英子さん(新潟県魚沼地域振興局健康福祉部)による「魚沼圏域の自殺の現状」についての報告と蟻塚亮二さん(沖縄協同病院心療内科部長)による「うつ病を体験した精神科医の処方箋」と題した講演がありました。

魚沼圏域の自殺の現況報告の画像  蟻塚亮二さんの講演の画像
                       小堀さんによる報告                                                     蟻塚さんによる講演

 健康福祉展

10月10日(日曜日)、総合体育館では健康福祉展が行われました。この健康福祉展では、健康や医療・福祉に関する関係団体の展示や体験、専門家の相談コーナーなどさまざまな催しがあり、たくさんの人が会場を訪れました。

にぎわいを見せる会場の画像  骨密度を測定してもらう来場者の画像
              たくさんの人が会場を訪れました                         エコーによる踵(かかと)部の骨密度測定

血圧を測定してもらう来場者の画像  心肺蘇生法を教わる来場者の画像
                 測定コーナーにて血圧チェック                                      心肺蘇生法を学びました

歌に合わせて手遊びをする子どもたちの画像  かえる劇団による健康劇でストレス解消法を学ぶ来場者の画像
          保育士による親子でふれあいコーナー                 ストレスは、大声で笑って吹き飛ばしましょう!

 福祉ふれあいフェスティバル

10月10日(日曜日)はサンラックおぢやでも「福祉ふれあいフェスティバル」が行われました。
会場では養護学校の生徒による陶芸品などの販売、福祉団体によるステージ発表や手作りコーナーなどがあり、とても賑わっていました。また、おもちゃ広場にはたくさんのおもちゃが並び、子どもたちは大喜びでした。

手作りコーナーでぬいぐるみをつくる来場者の画像  バルーンアートを楽しむ来場者の画像
                 ぬいぐるみの手づくりコーナー                              色とりどりのバルーンアートコーナー

おもちゃ広場で夢中で遊ぶ来場者の画像  オカリナの演奏を聴く来場者の画像
                 子どもたちはおもちゃに夢中!                                         オカリナの演奏発表