ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ

ザ・かまくらが行われました

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年2月13日更新

2月8日(土曜日)、真人住民センター前の広場で「第13回ザ・かまくら」が行われました。
今年で13回目を迎えた真人町の冬の一大イベントで、今年も旧真人小学校と交流のあった東京都墨田区第4吾嬬小学校の児童と保護者28人が参加するなど、おおぜいの方が真人の冬を満喫しました。
会場には大きなかまくらや雪のすべり台が作られ、子どもたちは降雪にも負けず、元気に遊んでいました。
また餅つきも行われ、つきたてのお餅はきな粉やしょうが味噌につけたり、雑煮にするなどして来場者にふるまわれ、何回もおかわりをする方もいらっしゃいました。

大きなかまくらの画像
会場には大きなかまくらが4つ作られました
そり遊びをする子どもたちの画像
雪のすべり台では、そり遊びをする子どもたちの歓声が響いていました
餅つきをする子どもたちの画像
「ヨイショ、ヨイショ」と掛け声をかけながら、餅つき体験をしました
かまくらの中で、つきたてのお餅が入った雑煮を食べる子どもの画像
かまくらの中で、つきたてのお餅を雑煮にしていただきました
福餅まきの画像さいの神でするめを焼く子どもたちの画像
雪上ステージの上から、たくさんの福餅やお菓子がまかれましたさいの神で焼いたするめを食べて、無病息災を祈願しました