ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > まちの話題RUPO&NEWS > 平成25年度 > 平成25年10月 > 早津剛絵画作品展が開催されています

早津剛絵画作品展が開催されています

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年11月5日更新

10月13日(日曜日)、市民学習センター「楽集館」で、「早津剛絵画作品展」のオープニングセレモニーと作品解説会が行われました。

この日は、作品解説会が行われるということもあり、オープニングとともにおおぜいの方が訪れました。
作品解説会では、早津さんが作品を描いた場所や思い出などを話しながら一緒に会場をまわり、みなさん説明に熱心に耳を傾けながら鑑賞していました。
会場には、主に小千谷の民家が描かれた絵画が数多く展示されています。また、平成元年から小千谷新聞に連載されていた、水墨画「小千谷百景」の原画がすべて展示されており、訪れた方々は1枚1枚ゆっくりとていねいに見てまわっていました。

早津剛さんは、平成元年から10年間にわたり県立小千谷西高等学校で教鞭をとられました。
この絵画展は、小千谷西高等学校創立50周年を記念して企画されたもので、10月27日(日曜日)まで開催されています。
「早津剛絵画作品展」の詳細についてはこちらから(別のページへ移動します)

テープカットをする関係者の画像
オープニングセレモニーが行われました
作品を説明する早津剛さんの画像
早津さんの説明に聴き入る来場者のみなさん
ショーケースの中の作品を説明する早津剛さんの画像
連載された新聞も展示されています
水墨画を説明する早津剛さんの画像
来場者の質問に答えながら案内していました
水墨画に見入る来場者の画像
小千谷市内が描かれた水墨画を、ていねいに見てまわっていました
多くの絵画が展示された会場の様子の画像
多くの絵画が展示されています