ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > まちの話題RUPO&NEWS > 平成23年度 > 平成23年9月 > ジュニア救急講習会が行われました

ジュニア救急講習会が行われました

印刷用ページを表示する 掲載日:2011年9月26日更新

9月9日(金曜日)は語呂合わせで「救急の日」です。それにちなんで、千田小学校の5・6年生を対象にジュニア救急講習会が行われました。

小千谷消防署の救急救命士が講師となり、Q&A形式で命の大切さや命を守るためにはどうすればよいかの講義、人工呼吸や自動体外式除細動器(AED)の操作方法などの実技講習がありました。

参加した児童たちは積極的に実技に参加し、もしもの事態に備えて、熱心に講師の指導に耳を傾けていました。

119番通報の練習をする児童の画像
実際に電話を使い119番通報の練習
人工呼吸の練習をする児童の画像
うまく人工呼吸できるかな
AEDの操作練習をする児童の画像
きちんと作動してくれるか、見守っています
講習会修了証をもらう児童の画像
最後に修了証をもらいました