ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > まちの話題RUPO&NEWS > 平成22年度 > 平成22年5月 > 井佐英徳選手寄贈品展示コーナーが設置されました

井佐英徳選手寄贈品展示コーナーが設置されました

印刷用ページを表示する 掲載日:2010年6月4日更新

5月24日(月曜日)、2010バンクーバーオリンピックバイアスロン競技に日本代表として出場した、井佐英徳選手(桜町出身:自衛隊所属)の寄贈品展示コーナーが、総合体育館正面玄関ホール内に設置されました。
主な寄贈品は、最初に出場したソルトレイクシティーオリンピックで使用したスキーや、今年のバンクーバーオリンピックで着用したジャケットやグローブ、そのほか出場したアジア大会の金メダルや写真などです。
Hide(ヒデ)サポーターズクラブ代表の渡辺晴夫さんは、「意外と目にすることのない品々だと思います。ぜひ見に来て欲しい」と話していました。

展示ケースの画像
設置された展示ケース
寄贈されたジャケットなどの画像
バンクーバーで着用した品々