ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > まちの話題RUPO&NEWS > 平成24年度 > 平成24年9月 > 非核平和都市宣言20周年記念講演会を開催しました

非核平和都市宣言20周年記念講演会を開催しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年9月25日更新

9月13日(木曜日)、市民会館で非核平和都市宣言20周年記念講演会を開催しました。
小千谷市は平成4年6月23日に非核平和都市宣言を議決し、今年でちょうど20年を迎えます。それを記念し、米国生まれで公益財団法人広島平和文化センター理事長であるスティーブン・リーパーさんをお招きし、市内の中学生や一般市民の方を対象に行いました。

講演会の前には、来場者全員による非核平和都市宣言の朗読や、8月に広島市へ派遣された生徒による非核平和推進研修体験発表が行われました。
講演会では、リーパーさんから「平和と人権について考える」と題し、核兵器の恐ろしさや、核兵器廃絶による世界平和と環境問題解決などのお話をいただき、参加者は真剣な表情で聴き入っていました。

また会場では原爆記録パネル展も開催され、おおぜいの中学生が見学しました。

非核平和都市宣言を朗読する中学生の画像
来場者全員で非核平和都市宣言を朗読しました
非核平和推進研修体験発表をする中学生の画像
5人の各中学校の代表生徒が、研修の体験発表をしました
講演をするスティーブン・リーパーさんの画像
身振り手振りを交えて講演していただきました
原爆記録パネル展を見る中学生の画像
真剣な眼差しで原爆記録パネルを見ていました