ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > まちの話題RUPO&NEWS > 平成23年度 > 平成23年4月 > 東山小学校の児童が被災者を慰問しました

東山小学校の児童が被災者を慰問しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2011年5月6日更新

4月26日(火曜日)、東山小学校の全校児童22人が、東日本大震災により福島県南相馬市から当市の三洋半導体製造株式会社社員寮に避難されている方を慰問しました。

児童の代表が中越地震の体験談を交えて挨拶した後、校歌や童謡「ふるさと」など5曲の合唱を披露しました。

避難されている方の中には、涙を流しながら聴く姿もありました。

合唱の後、児童が避難されている方の肩を揉んだり、いろいろなお話をして触れ合い、予定の時間を過ぎても交流を深めていました。

合唱する児童とそれを聴く避難者の画像
児童が合唱を披露
ふるさとを歌う児童と被災者の画像
最後はみんなで「ふるさと」を合唱
児童と被災者がお話している画像
車座になってお話をしました
肩もみをする児童の画像
肩揉みと子どもたちの笑顔で癒します