ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > まちの話題RUPO&NEWS > 平成22年度 > 平成22年5月 > 東小千谷小学校児童が農家民泊を体験しました

東小千谷小学校児童が農家民泊を体験しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2010年6月6日更新

5月26日(水曜日)~27日(木曜日)、1泊2日の日程で、市内で初めてとなる小学生の農家民泊の受け入れが行われました。
農家民泊を体験したのは、東小千谷小学校5年生の児童2クラス60人で、受け入れをしたのは若栃や芹久保の12軒の農家などです。
児童は初日、東小千谷小学校から若栃までの約11キロメートルを、約3時間かけて完歩。昼食をとり、県道沿いの水田と山あいの棚田の2箇所に分かれ、田植えを行いました。あいにくの雨模様で肌寒い中での体験でしたが、児童は泥んこになりながらも一生懸命植えていました。
その後、各受け入れ世帯に分かれて夕食を食べ、一泊しましたが、普段は静かな山あいの集落に、久々に元気な児童の声が、遅くまで聞こえているようでした。
最終日、閉村式で校長先生から「身近なところでこうした交流が楽しめる喜びを感じている。今後も月1回は苗の発育を見に来たい。秋の稲刈りの時はまた農家民泊したい。若栃の季節の移り変わりも楽しみたい」との話がありました。また児童からは、「昨日の田植えは、今までの田植え体験の中で一番楽しかった」という話もありました。
最後に、子どもたちは若栃のみなさんから「若栃夏まつり特製のうちわ」とジュースをもらい、うれしそうに帰っていきました。

若栃まで歩く児童の画像
若栃まであと5キロメートル、まだまだ元気!
若栃に到着し喜ぶ児童の画像
やったね、無事到着!
苗をもらい準備する児童の画像
苗をもらっていざ田植えだ!
田植えをはじめた児童の画像
田植え開始ー!
苗を受け取る児童の画像
苗(なえ)、「ナエ」スキャッチ!?
田植えをする児童を道路から見た画像
半分くらい終わったかな?
田植えが終わり記念撮影する児童の画像
田植え終わったー、記念撮影だ!
就寝前に記念写真を撮る児童の画像
もうみんな我が家の家族です 
就寝前の児童の画像
今日は疲れたでしょ、ぐっすりおやすみ
カレーを作る児童の画像
みんなでカレー作りに挑戦
カレーを食べる児童の画像
やっぱおいしいー、みんなで作ったカレー!
児童の手作りの記念品の画像
お世話になった細金さんへ作りました
閉村式であいさつする校長先生の画像
みなさんお世話になりました
別れを惜しみ手を振る児童たちの画像
さよなら、また来ます!