ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > まちの話題RUPO&NEWS > 平成29年度 > 平成29年4月 > 錦鯉市場の初せりが行われました(4月14日)

錦鯉市場の初せりが行われました(4月14日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年4月18日更新

岩間木地内のJA錦鯉市場で、今年の「初せり」が行われました。
この日は県内の39人の生産者が丹精込めて育てた錦鯉が、228個の通称「舟」と呼ばれるケースに乗せられ、軽快な掛け声の中、次々とせり落とされていきました。
3月14日に「雪の恵みを活かした稲作・養鯉システム」が日本農業遺産に認定され、さらに、5月5日に錦鯉が「県の鑑賞魚」に指定されることから、おおぜいの報道関係者も取材に訪れ、錦鯉に対する注目度の高さがうかがえました。
この錦鯉市場は11月まで行われます。

活気あふれる錦鯉市場の画像
市場内はおおぜいの方の熱気であふれていました
ずらりと並んだ舟の画像
せりを待つ舟がずらりと並んでいました
二階席から見た会場の画像
2階席からも買い付け人が参加していました
特別出品の木製舟の画像
特別出品の木製の舟に入った錦鯉は高値でせり落とされました