ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > まちの話題RUPO&NEWS > 平成27年度 > 平成28年1月 > 市民ふれあい交流【冬の巻】が開催されました

市民ふれあい交流【冬の巻】が開催されました

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年1月26日更新

1月24日(日曜日)、サンラックおぢやで小千谷市社会福祉協議会による「市民ふれあい交流【冬の巻】」が開催され、大雪警報が出ている悪天候の中、300人を超える人が会場を訪れました。

3階で行われた正月飾りの「まゆ玉」づくりには今年もおおぜいの人が参加し、好きな色や形にしたまゆ玉を用意された枝に飾り付けて楽しんでいました。
また、かるたや羽根つき、福笑いなどお正月にちなんだ昔あそびのコーナーや駄菓子屋コーナーなどが設けられ、子どもだけでなく、大人も懐かしそうに楽しんでいました。

1階の「おもちゃ病院」には壊れてしまったおもちゃが次々と持ち込まれ、「担当医」のみなさんが手際よく直していました。

お昼前には2階のふれあいロビーで餅つきが行われ、小千谷市ボランティアセンターマスコットキャラクターの「ラビー」や来場した子どもたちも一緒に餅つきをしました。みんなで協力してついたお餅は、お雑煮やおしるこなどにして来場者にふるまわれ、みなさんおいしそうに食べていました。

まゆ玉を作る来場者の画像
おばあちゃんと一緒にまゆ玉づくり
あやとりをする子どもの画像
あやとりを教えてもらっています
だるま落としに挑戦する親子の画像
親子でジャンボだるま落としに挑戦!
ポップコーンを受け取る子どもの画像
わたあめやポップコーンも大人気でした
餅つきをする子どもの画像
餅つきのお手伝い!ラビーも応援しています
お餅を食べる子どもたちの画像
つきたてのお餅をおいしそうに食べていました
壊れたおもちゃを見るドクターの画像
おもちゃ病院で腕をふるう担当医のみなさん
おおぜいの人で賑わう会場の画像
おおぜいの来場者で賑わう会場