ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > まちの話題RUPO&NEWS > 平成21年度 > 平成21年10月 > 富久寿大学40周年記念式典と講演会が行われました

富久寿大学40周年記念式典と講演会が行われました

印刷用ページを表示する 掲載日:2009年10月21日更新

10月10日(土曜日)、市民会館大ホールで富久寿(ふくじゅ)大学40周年記念式典と講演会が行われました。
富久寿(ふくじゅ)大学は公民館の高齢者学級で、昭和45年に開講し、今年で40周年を迎えました。
 「富久寿大学40周年記念小千谷いきいき講演会ロコモティブシンドロームの考え方と対策~元気な足腰を保つためのキーワード」と題された講演会では、NPO法人高齢者運動器疾患研究所の石橋英明さん(医療法人一心会伊奈病院整形外科部長)、藤田博暁さん(埼玉医科大学保健医療学部准教授)を講師に迎え、ロコモティブシンドロームについてその考え方と、予防のための運動方法や注意点などの講演が行われました。参加者は資料にメモとるなどして講演に聞き入り、会場では元気な足腰を保つための運動などを行いました。※ロコモティブシンドロームとは「運動器の障害のために要介護となる危険の高い状態」を指します。

開講40周年記念式典の会場の様子の画像 講演する石橋英明さんと会場の様子の画像
            40周年の記念式典が行われました                 石橋英明さんの講演

講演する藤田博暁さんと会場の様子の画像 ロコモティブシンドロームの予防トレーニングを教わる学級生の画像
                        藤田博暁さんの講演            学級生も実際にロコモトレーニングを体験しました