ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > まちの話題RUPO&NEWS > 平成25年度 > 平成25年10月 > 震災復興の軌跡を辿るまちあるきツアーが行われました

震災復興の軌跡を辿るまちあるきツアーが行われました

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年10月22日更新

10月19日(土曜日)、浦柄地内で「震災復興の軌跡を辿(たど)るまちあるきツアー」が行われました。
このイベントは、NPO法人まちづくり学校が行っている新潟県内のまちあるきツアーの一環として企画されたもので、小千谷市では中越大震災で大きな被害を受けた浦柄の復興の様子をたどりながら、約30人がまちあるきを行いました。

地元の方々や、被災時に県外からボランティア活動で訪れた方々が案内人となり、当時大量の泥流が押し寄せた集落内や、朝日山古戦場などを巡りました。
ツアーに参加した方々は、浦柄の地図を片手に案内人の説明を聴き、被災当時の様子を熱心に質問するなどしていました。

案内人の説明を聴く参加者の画像
参加者は案内人とともに被災当時の様子を振り返っていました
当時隆起した横断歩道を見る参加者の画像
地面が隆起し、大量の土砂がせき止められた横断歩道
浦柄神社から見下ろした集落の画像
浦柄神社から見下ろした浦柄地区
集落内を歩く参加者の画像
地元の方も事細かに被害の様子を説明していました