ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > まちの話題RUPO&NEWS > 平成23年度 > 平成23年6月 > 吉谷保育園の園児が合鴨と触れ合いました

吉谷保育園の園児が合鴨と触れ合いました

印刷用ページを表示する 掲載日:2011年6月10日更新

6月3日(金曜日)、吉谷保育園の園児41人が田んぼに合鴨を放すお手伝いをしました。

四ツ子地内で合鴨農法により米を生産している、渡辺勝正さんの提案で行われたものです。

渡辺さんは合鴨農法を始めて12年になり、今までも園児が田んぼを訪れ見学をすることはあったものの、実際に合鴨と触れ合うのは今回が初めてとのことでした。

園児はまず、田んぼ脇の飼育小屋で合鴨にえさやりをしました。バナナやトマト、キャベツなどを食べる姿に園児は大喜びでした。

えさやりが終わると、渡辺さんの指示で園児が次々に合鴨を抱き上げ、「あったかい!」「ふわふわだ」などと嬉しそうに話しながら田んぼに向かいました。放された約100羽の合鴨は気持ちよさそうに田んぼを進み、そのどんどん小さくなる姿に、園児は一生懸命手を振っていました。

吉谷保育園では定期的に田んぼを訪れ、交流していきたいと話していました。

合鴨が田んぼで泳ぐ様子は、稲に穂が実る前まで、四ツ子の県道小千谷・十日町・津南線の道路沿いの歩道から見ることができます。

  • 合鴨農法とは、農薬などを使用せず、田んぼに放した合鴨に雑草や害虫などを駆除させる農法です。合鴨の排泄物が稲の養分となり、また、合鴨が田んぼの中を泳ぎ回ることにより、稲の根を刺激するため、肥料の吸収が良くなり稲穂の成長を促進する効果があります。
飼育小屋をのぞき込む園児の画像
えさを食べる合鴨を真剣に見つめます
合鴨にえさをやる園児の画像
「バナナ食べるんだね」「上手だね」
合鴨を抱き、喜ぶ園児の画像
「ふわふわ~」楽しそうな声が響いていました
田んぼに合鴨を放す園児の画像
そっと下ろし、田んぼに放しました
田んぼを泳ぐ合鴨に手を振る園児の画像
「がんばってね!」と大きく手を振っていました
田んぼを気持ちよさそうに泳ぐ合鴨の画像
歩道から合鴨の姿を見ることができます