ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > まちの話題RUPO&NEWS > 平成30年度 > 平成30年8月 > 小千谷に伝わる浮世絵展番外「絵紙ワンダーランド」が開催されました(8月30日~9月11日)

小千谷に伝わる浮世絵展番外「絵紙ワンダーランド」が開催されました(8月30日~9月11日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年9月4日更新

小千谷には「ひな人形」を飾った部屋一面に色とりどりの絵紙(浮世絵)を飾る風習があり、絵紙保存会のみなさんによりこれらを紹介する浮世絵展が毎年開催されました。
今回は番外編として、壁掛け式の絵紙のほか、屏風や押し絵に仕立てたものなどが展示されました。

作品を鑑賞した女性は「これほど多くの作品が保存されていたことに驚きました。すばらしいです」と話してくれました。

展示された人形を見る来場者の画像
会場の一角には、ひな人形が飾られていました
おおぜいの方が来場した会場の様子の画像
来場者はじっくりと作品を鑑賞していました