ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ

文化財防災訓練が行われました

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年1月28日更新

文化財防火デーである1月26日(日曜日)、土川の魚沼神社で文化財防災訓練が行われました。
魚沼神社には県指定文化財の鰐口や大般若経などが納められているほか、境内には国指定文化財の阿弥陀堂があります。
当日は、魚沼神社から出火という想定で、土川地区の町内会、自主防災会、消防団、婦人防火クラブのみなさんが、放水や消火器を使っての実践訓練を行いました。
雨が降り続くあいにくの天候でしたが、参加者は真剣な表情で訓練に取り組んでいました。

会場となった魚沼神社の画像
会場となった魚沼神社
放水訓練をする消防団の画像
消防団による放水訓練
水幕ホースから放水する画像
たくさんの穴から放水される水幕ホースによる消火
消火器訓練の画像
消防署員による消火器訓練も行われました