ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ

文化講演会が開催されました

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年4月24日更新

4月14日(日曜日)、城内のグリーンパークで、越後おぢや農業協同組合主催による文化講演会が開催されました。
東京大学の菅豊(すが ゆたか)教授を講師に迎え、「小千谷の地域文化の昔といま-外とのつながりから考える-」と題し、小千谷の伝統文化についての講演がありました。
菅教授は角突き牛「天神」のオーナーでもあり、頻繁に当市を訪れ、小千谷の民俗学の研究をされています。

教授は、絵紙や天神囃子、片貝の煙火、小千谷縮、錦鯉、牛の角突きなどの小千谷の地域文化を例に挙げ、それらは小千谷の中だけで独自に発展したわけではなく、外から大きな影響を受けてきた。そして、それらの文化は今や、外に対して大きな影響を与えている。よって、地域文化を単なる地域の問題としてではなく、「外とのつながり」から考えることが重要であり、小千谷市外に住む小千谷を愛する者は、「外と地域をつなげる」責任と役割があるとおっしゃっていました。

会場に集まった約350人の聴衆は、時折うなづきながら教授の講演に聴き入っていました。

講演する菅豊教授の画像
研究成果をもとに講演をする菅教授
天神囃子を披露する参加者と、合いの手を打つ菅豊教授の画像
菅教授のリクエストにより、来場者の方による天神囃子が披露されました