ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ

明石堂が一般公開されました

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年9月14日更新

9月12日(土曜日)、小千谷縮布の創始者である堀次郎将俊(ほりじろうまさとし)をおまつりしている明石堂の一般公開が行われました。
この明石堂の内部は1年に1回、毎年9月12日にのみ一般に公開されています。内部には小千谷縮布の制作工程が描かれた額装が飾られているほか、豪華な装飾品の数々が並べられており、この貴重な機会を逃すまいとおおぜいの方が会場を訪れていました。
また、お堂の内外には吉谷の柳田庄左衛門の手による彫刻がめぐらされており、訪れた方々はその見事な作品に見入っていました。

明石堂の外観と参拝客の画像
おおぜいの方が次々と参拝に訪れていました
小千谷縮製作工程の額装の画像
小千谷縮布の製作工程が描かれています
内部の彫刻の画像
お堂内部の彫刻には色がつけられています
軒下の彫刻の画像
軒下などの外部にはとても精巧な彫刻があります

<関連リンク>