ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ

明石堂が一般公開されました

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年9月21日更新

9月12日(水曜日)、小千谷縮の創始者、堀次郎将俊(ほりじろうまさとし)がまつられている明石堂が一般公開されました。

明石堂は、積雪を考慮した高床式で、内外の斗栱(ときょう)などには吉谷の柳田庄左衛門の手によると伝えられる見事な彫刻が施されていて、建造物としても一級品の建物です。
来場者はふだんは見ることのできないお堂の内部の絵画や、彫刻などを興味深そうに見学していました。

明石堂全景の画像
年に一度の一般公開に、親子連れや学校帰りの小学生なども訪れました
明石堂内の絵画を見る来場者の画像
興味深そうに内部の絵画を鑑賞していました
建物の周囲の彫刻を見る来場者の画像
精巧な彫刻を見上げていました
堀次郎将俊のお墓の画像
堀次郎将俊のお墓

<関連リンク>