ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ

異常気象時通行規制

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年7月13日更新

台風や集中豪雨などの異常気象時には、道路利用者の安全を確保するため、事前通行規制を実施します。

異常気象時通行規制

「異常気象時通行規制」とは、大雨や台風などの異常気象時に落石、土砂崩れや溢水等により危険が及ぶ可能性のある区間について、道路を利用する方々の安全を確保するため、過去の災害発生記録などに基づき、それぞれの規制実施基準を定め、災害が発生する前に実施する通行規制のことです。予め規制基準を設定している区間は、基準の内容により、「異常気象時通行規制区間」と「特殊通行規制区間」に分類されます。

異常気象時通行規制とは

異常気象時に災害が発生する恐れのある地域で、予め雨量等の規制を基準で定めて、規制基準値を超えた場合に通行規制を行う区間

特殊通行規制とは

パトロール等により、気象や現地の状況等から判断して危険が予想される時、通行規制を行う区間

小千谷市が管理する道路の異常気象時通行規制区間

特殊通行規制区間一覧 [PDFファイル/43KB]

特殊通行規制区間図 [PDFファイル/510KB]

新潟県の異常気象時通行規制

新潟県が管理する道路の異常気象時通行規制区間(別の窓が開きます)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)