ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ

定住促進事業

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年3月18日更新

地域で働き、小千谷で暮らす!/U・J・Iターン就業者を応援します!

小千谷市では、定住促進を図ることを目的として、家賃を補助しています。

小千谷市定住促進事業家賃補助金のお知らせ [PDFファイル/107KB]
(補助を受けるには一定の条件が必要です。)

補助対象者

次の1から4の全てを満たす就業者の方
1.年齢が55歳以下で、小千谷市に転入した日から6か月以内に申請される方
2.定住誓約書の提出ができる方
3.地域で常用雇用労働者として就業される方(個人事業主と就農者も含む)
4.転入後、市税を滞納せずに納付される方
※地域とは、小千谷市以外を含みます。
※常用雇用労働者とは、正社員又は短時間正社員の方をいいます。
※個人事業主とは、開業の届出により就業される方です。
※就農者とは、もっぱら農業で生計維持することを目的に就農される方です。
※派遣社員・パートタイマー・アルバイト等の方は対象となりません。
※公務員又は就業状況などで定住しないことが明らかであると判断される方は対象となりません。
※市税とは、市・県民税、固定資産税、軽自動車税及び国民健康保険税などをいいます。

対象住宅

市内の民間の借家、アパートなど(※社宅や社員寮・雇用促進住宅などの公共的な住宅は除く)

補助金の額

支払った家賃の月額(共益費を除く)と、当該借家などに付属する駐車場の使用料との合計金額の3分の1以内の額(20,000円を限度、1,000円未満切捨て)を補助します。

交付期間

交付決定の月から2年間(24か月)を限度とします。

申請方法

補助の対象となる方は、転入(住民登録)をした日から6か月以内に交付申請書を建設課に提出してください。
交付申請書[PDFファイル/44KB] 【記載例】交付申請書[PDFファイル/88KB]

※ただし、予算枠に達した時点で受付を終了します。

添付書類

  1. 賃貸借契約書の写し
  2. 履歴書[PDFファイル/48KB](卒業証書等でも可)
  3. 誓約書 [PDFファイル/69KB]

※ 提出された書類を審査し、決定通知書を交付いたします。
  審査の際、他の証明書類をお願いする場合があります。

支払方法

半年分を1回として、年2回支払います。支払いに際しては、家賃等の支払いを証明する書類(領収書等)を添えて、請求書を市建設課へ提出いただきます。
※支払時期:10月(前期分:4月~9月分家賃)、翌年4月(後期分:10月~翌年3月分家賃)
 ただし、初回の申請書提出の翌月分からを補助対象とします。


<関連リンク>

県ホームページからも、小千谷市内の売買・賃貸物件情報を調べることができます。新潟県総務管理部地域政策課交流・定住促進班の住宅情報をご覧ください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)