ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 住まい・公営住宅 > 各種申請・手続き > 木造住宅耐震改修設計費及び工事費助成事業

木造住宅耐震改修設計費及び工事費助成事業

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年3月25日更新

小千谷市では、平成22年度から地震に強いまちづくりを推進するため、木造住宅の耐震改修を行う方に対して、耐震改修の設計費および工事費の一部を補助します。

この補助制度を利用するには、小千谷市木造住宅耐震診断費助成制度を利用して耐震診断を受けている必要があります。耐震診断は補助制度を利用することにより、自己負担額が1万円で行うことができます。

小千谷市木造住宅耐震改修設計費及び工事費助成制度のご案内 [PDFファイル/246KB]

補助対象となる住宅と所有者

市税を滞納していない方で、次の全てを満たしている住宅と所有者が対象となります。

  • 市内に所在する住宅
  • 昭和56年5月31日以前に建築された住宅
  • 壁、柱、床、屋根その他の住宅の主要部分が木造である住宅
  • 一戸建て住宅 ※高床式住宅も対象としますが、高床部分は助成対象外となります。
  • 現に居住用に使用されている住宅 ※過半数以上が居住部分である併用住宅を含む
  • 小千谷市木造住宅耐震診断費助成事業に基づき、耐震診断を行った結果、上部構造評点の総合評点が1.0未満となった住宅

対象となる耐震改修の設計と工事

耐震改修設計とは

基礎や壁などを補強することにより、上部構造評点の総合評点が1.0以上になる設計のことです。耐震改修設計は耐震診断の講習会を終了した建築士が行い、設計のとおり改修工事が行われたことを、工事監理責任者として報告まで行っていただきます。
※補助の対象となるのは、全体耐震改修工事の設計のみです。

耐震改修工事とは

新潟県内の事業所(営業所なども可)が、下記の改修工事を行うことです。改修工事は耐震改修設計者が工事監理責任者として、確認する必要があります。

事業の区分工事内容
全体耐震改修工事上部構造評点が1.0未満と診断された住宅を1.0以上にする工事
部分耐震改修工事※上部構造評点が0.7未満と診断された住宅について、全体を0.7以上、又は2階建て住宅の1階部分を1.0以上にする工事
シェルター工事※上部構造評点が1.0未満と診断された住宅について、耐震シェルターを対象住宅の1階部分に設置する工事

 ※部分耐震改修工事及びシェルター工事は満65歳以上の方を含む世帯または身体障害者の方を含む世帯の方が対象です。詳しくはお問い合わせください。

補助金額

補助金額は次のとおりです。

事業の区分助成金額
耐震改修設計費設計費の2分の1(上限10万円)の額
全体耐震改修工事費工事費の3分の1(上限50万円)に最大15万円を加算した額(最大で65万円)
部分耐震改修工事費
シェルター工事費
工事費の9分の4(上限40万円)に最大10万円を加算した額(最大で50万円)

※ただし、耐震改修設計を行うだけでは補助対象にはなりません。実際に耐震改修工事を行う必要があります。

申請期間

平成29年4月3日(月曜日)から平成29年11月30日(木曜日)まで
※ただし、予定数に達した時点で締め切ります。

申請にあたり

着手前に下記の書類を提出してください。※重複する添付書類は省略できます。

木造住宅耐震改修設計費補助金交付申請書

木造住宅耐震改修設計費助成金交付申請書[PDFファイル/62KB]
【記載例】設計費の交付申請書[PDFファイル/123KB]

添付書類

  1. 住宅の所有者及び建築年が確認できる書類の写し※「固定資産税 土地・家屋課税明細書」の写しなど
  2. 耐震診断報告書(上部構造評点が確認できる部分の写し)
  3. 付近見取図
  4. 耐震改修設計及び工事監理契約書の写し
  5. 市税の納税証明書
  6. 1から5までに掲げるもののほか、市長が必要と認める書類

木造住宅耐震改修工事費補助金交付申請書

木造住宅耐震改修工事費補助金交付申請書 [PDFファイル/99KB]
【記載例】木造住宅耐震改修工事費補助金交付申請書 [PDFファイル/119KB]

添付書類

  1. 住宅の所有者及び建築年が確認できる書類の写し※「固定資産税 土地・家屋課税明細書」の写しなど
  2. 耐震診断報告書(上部構造評点が確認できる部分の写し)
  3. 住宅改修に係る図書(ア:付近見取図、イ:改修工事計画書)
  4. 耐震改修工事費見積書及び工事請負契約書の写し
  5. 耐震改修設計及び工事監理契約書の写し
  6. 1から5までに掲げるもののほか、市長が必要と認める書類

事業が終わったら

下記の書類を提出してください。※重複する添付書類は省略できます。

木造住宅耐震改修設計費補助金実績報告書

木造住宅耐震改修設計費補助金実績報告書 [PDFファイル/83KB]
【記載例】設計費の実績報告書[PDFファイル/186KB]

添付書類

  1. 補助対象工事後の耐震診断書の写し
  2. 工事監理者が補助対象工事中の内容を確認した監理状況報告書
  3. 補助対象事業に係る耐震改修設計代金領収書の写し
  4. 1から3までに掲げるもののほか、市長が必要と認める書類

木造住宅耐震改修工事費補助金実績報告書

木造住宅耐震改修工事費補助金実績報告書 [PDFファイル/116KB]
【記載例】木造住宅耐震改修工事費補助金実績報告書 [PDFファイル/123KB]

添付書類

  1. 補助対象工事後の耐震診断書の写し
  2. 補助対象工事の箇所別の工事中及び工事後の写真
  3. 工事監理者が補助対象工事中の内容を確認した監理状況報告書
  4. 補助対象工事に係る工事代金領収書の写し
  5. 1から4までに掲げるもののほか、市長が必要と認める書類

<ページの先頭へ戻る>

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)