ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 建設課 > 「克雪」 安全な除雪のためにみなさんのご協力をお願いします

「克雪」 安全な除雪のためにみなさんのご協力をお願いします

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年12月27日更新

ルールとマナーを守って

雪国小千谷に住む私たちの生活は、雪とは切っても切れないもので、昔からお互いに協力して雪を克服してきた歴史があります。ルールとマナーを守り、地域ぐるみで事故のない安全な除雪に取り組みましょう。

出動は降雪10センチメートル

除雪車は、おおむね10センチメートルの降雪で出動します。市道の除雪は通常午前4時に出動(暖気運転は30分から1時間前より開始)し、午前7時30分までに車両が通行できるよう行いますが、降雪状況や交通渋滞などによっては、終了時刻が遅くなることもあります。その後、日中には道路の幅を拡げる作業を行います。
なお、異常降雪の場合は、除雪計画によって区分された路線を優先して除雪する体制をとることがあります。また、通常より早く出動することもあります。

市道は午後5時まで

夜間の機械除雪は危険を伴い、除雪中は大きな音が発生します。交通空間確保も大切ですが、安心・安全な生活のため、特別な場合を除き、午後5時以降は翌朝まで除雪を行いませんのでご理解をお願いします。

国・県道は終日体制

国道17号、117号、291号、351号や県道長岡片貝小千谷線、小千谷十日町津南線などの幹線道路は、終日の除雪体制がとられています。

みなさんの協力とマナーが必要です

出入口の雪処理にご協力を

早朝の除雪は、あくまでも通勤・通学に支障がないように道を空ける作業です。限られた時間の中で住宅の出入口を塞ぐことなく除雪することは、技術的にも困難です。ご家庭のみなさんからは、出入口に残った雪処理についてご理解いただき、ご協力をお願いします。

道路に雪を出していませんか

道路上に雪を出すことは禁止されています。消雪パイプのある道路であっても、雪を出すと大きな交通事故につながる恐れがあります。敷地内の雪は各自で適切に処理をし、道路上に雪を出すことはやめましょう。

路上駐車していませんか

除雪車は、早朝の暗いうちから出動します。路上駐車があると作業の妨げになり、通勤・通学の時間までに除雪が終わらないことがあります。
また、雪に埋もれた自動車に除雪車が接触することもあり、とても危険です。路上駐車は、絶対にやめましょう。

除雪車に近寄ってはいけません

除雪車は、作業中にバックをすることが多くあります。除雪車の近くはとても危険です。作業中は絶対に近づかず、注意して通行しましょう。
また、堆雪場など雪が高く積み上がった所では遊ばないようにしましょう。

重要物件には赤い旗などの目印を

道路沿いの消火栓などの重要物件や塀などは、雪に埋もれると除雪作業中に破損する恐れがあるため、範囲が分かるよう、赤い旗などの目印を付けてください。
また、除雪や雪おろしの際は、これらが埋まらないようご注意ください。

木の枝が道路に出ていませんか

樹木が雪の重みで道路に垂れ下がると、枝が折れたり雪が落ちたりして、歩行者や車両が通行する際たいへん危険です。
道路に出ている樹木は道路管理者が伐採することができません。所有者が適切な管理をしてください。
また、冬囲いの材木などが道路上に出ないよう対応をお願いします。

消雪パイプは管理が大切

地下水は限りある資源

消雪パイプは、車が通ることで消雪効果が発揮されます。水を出しすぎないようにし、ノズルの調整や砂抜き作業をこまめに行うことで、節水・節電を心掛けましょう。

消雪パイプは定期的に止まります

電力の契約条件により、午後2時から午後3時、午後4時から午後5時は電力供給が停止します。消雪パイプは止まりますが、故障ではありません。

流雪溝の利用はルールを守って

流雪溝の利用時間は午前9時から午後5時です

流雪溝に流れる水は、地元のみなさんから管理していただきます。町内役員の指示に従って共同作業のルールを守り、決められた時間内に流雪作業を行ってください。
また、下流で水があふれる恐れがあるため、家の前の流雪溝に水が流れていても、決められた時間以外は雪を流さないでください。

ふたの管理をきちんと

投雪口のふたを閉めていないと、人命に関わる事故が発生する恐れがあります。
作業を休む時や作業終了後は、必ずきちんとふたを閉めてください。

安全な作業のために

作業中は転落事故防止のため、投雪口の内側の転落防止柵は外さないでください。

投雪は適量で

「雪とい」や「除雪機」で直接、流雪溝に雪を入れないでください。流雪溝が詰まる原因になります。大きな雪のかたまりは、細かくしてから入れてください。

交差点の見通し確保にもみなさんのご協力を

歩道の除雪を行なっている交差点では、車道と歩道の間に雪の壁ができ、見通しが悪くとても危険です。市で排雪などを実施しますが、早期に安全を確保するため、地域のみなさんからも「スコップでひとかき」など、ご協力をお願いします。

問い合わせは町内でとりまとめて

降雪時は電話による問い合わせが多くなり、現場での対応が混乱することがあります。素早く対応できるよう、危険性がなく緊急でないものは町内でとりまとめ、町内会長を通じてお問い合わせください。

その他

除雪作業中の事故に気をつけて

除雪作業事故防止(新しいウィンドウが開きます) 

雪崩にもご注意を

降雪が続く時期や融雪期には、雪崩が起こりやすくなりますのでご注意ください。
また、雪山の登山やスキー場などでは危険な場所に近づかないようにしましょう。
雪崩の兆候や危険な場所を見つけたら、すぐに避難し、建設課83-3514または危機管理課83-3515、新潟県小千谷維持管理事務所83-0855へ連絡してください。

関係資料

雪に関する情報

お問い合わせ先

市道:建設課(電話:0258-83-3514)
国道17号:国土交通省北陸地方整備局長岡国道事務所小出維持出張所(電話:025-792-0839)
国道17号を除く国道・県道:新潟県小千谷維持管理事務所(電話:0258-83-0855)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)