ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ

つつが虫病に注意しましょう

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年6月11日更新

つつが虫病の発生数が増加しています。川辺や野山などへの山菜取り、ハイキングや農作業など自然の中で体を動かすとき、怖いのがつつが虫病です。つつが虫に刺されないよう十分注意してください。県内では、4月下旬~6月、11月に多く発生しています。

刺されないための予防対策

  • 農作業、山菜採りなどで山林や草地に入るときは、肌を出さないようにする。
  • 衣類を草むらに置いたり、草むらで休息や用便をしない。
  • 防虫スプレーなどを利用する。

つつが虫病の症状

  • 刺されたところは特有な刺し口がある。
  • 刺し口の近くのリンパ節がはれ上がる。
  • 山林や草むらに入ってから、1週間くらいで高熱がでて、1週間以上続く。
  • 皮膚に暗赤色の発疹が現れる。

このような症状があったら、直ちに医師の診察を受けてください。つつが虫病は、人から人への感染はありません。