ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 健康センター > 食中毒に注意しましょう

食中毒に注意しましょう

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年6月5日更新

夏はO-157など細菌による食中毒が発生する危険性が高い時期です。
肉や魚の取り扱いに注意しましょう。

予防ポイント

食肉の場合

  • 肉の中心部までしっかり加熱する。
  • 手をよく洗う。
  • 焼肉では、焼く箸と食べる箸を別々にする。
  • レバ刺しは食べない。

魚介類の場合

  • 魚介類を購入後は、すぐに冷蔵庫に入れ、できるだけ4℃以下で保管する。
  • 調理のときは、えらと内臓を取り除いた後、腹の中も水道水でよく洗う。
  • 器具の使い分け(下処理用・調理用)、手洗いを徹底する。
  • 調理後はすぐに食べる。(特に刺身)
  • 加熱調理する場合、中心部まで十分加熱する。

<関連リンク>