ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 健康センター > 小千谷市産後ケア事業

小千谷市産後ケア事業

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年7月25日更新

出産後の回復や育児などに不安を持つ産婦が、退院後、委託医療機関に宿泊または日中滞在し、産後の体を休ませたり、母子のケアや授乳指導・育児指導を受けることができる事業です。

産後ケアのご案内(チラシ) [PDFファイル/284KB]

対象の方

小千谷市に住所があり、出産後おおむね4か月未満のお母さんで、退院後、次のいずれかに該当する方。

  1. お母さんの体調不良や育児不安がある方
  2. 家族などから支援が受けられない方
  3. 産後の経過に応じた休養や栄養の管理など、日常の生活面について保健指導が必要な方

ご利用できる内容

  1. お母さんと赤ちゃんの健康管理および生活面の指導
  2. 乳房管理
  3. 沐浴や授乳などの育児指導
  4. その他必要とする保健指導

実施医療機関

JA新潟厚生連小千谷総合病院

住所:小千谷市大字平沢新田111番地
電話番号:0258-81-1600

利用内容および費用

利用種類

対 象

利用期間

利用料

備 考

宿泊型

原則として産婦、新生児に限る

7日間以内
(お産入院の退院後から)

1日5,000円

  1. 食費および病衣は別途自己負担となります。
  2. 利用時間
    ・初日は午前9時から
    ・最終日は午後4時まで
  3. 持参いただくもの
    ・母子健康手帳、産婦の着替え、赤ちゃんのお尻拭き

日帰り型

出産後、おおむね4か月未満の産婦と乳児

7日間以内

1日1,000円

  1. 食費および病衣は別途自己負担となります。
  2. 利用時間
    ・午前9時から午後4時まで
  3. 持参いただくもの
    ・母子健康手帳、産婦の着替え、赤ちゃんのお尻拭き

費用について

費用(自己負担額)の一例

・宿泊型を1泊2日(2日間)で利用し、食事を4食かつ病衣を希望した場合の自己負担額
 利用料(5,000円×2日)+食事(640円×4食)+病衣(64円×2日)=12,688円

注意事項

  1. 市が指定する個室以外を利用する場合はその差額分について別途自己負担となります。
  2. お尻拭きを除く赤ちゃんに使用するものは病院で準備します。
  3. 上のお子さんを連れてのご利用はお受けできませんのでご了承ください。
  4. お子さんが双子の場合でも、追加料金はかかりません。
  5. 利用料については、別途消費税がかかる場合があります。
  6. 生活保護世帯・非課税世帯には、減免制度があります。詳しくは健康センターまでお問い合わせください。

申し込み

利用を希望される方は直接、厚生連小千谷総合病院4階西病棟(電話番号:0258-81-1600)にお申し込みください。(土日祝日を除く午前10時~午後4時)

※個室の空き状況やお母さんと赤ちゃんの健康状況によっては、ご利用いただけない場合があります。

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)