ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 健康センター > ヒブ・小児用肺炎球菌ワクチン

ヒブ・小児用肺炎球菌ワクチン

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年9月25日更新

ヒブワクチンと小児用肺炎球菌ワクチンは、初回接種年齢により、必要な接種回数が異なります。

ヒブワクチン

標準的な接種年齢

  • 初回(3回):生後2か月~7か月未満
  • 追加(1回):初回終了後7か月~13か月
初回接種開始の年齢接種回数内訳
初回接種追加接種
生後2か月~7か月未満4回3回
(4~8週間隔)
1回
(初回終了後7~13か月の間隔)
生後7か月~12か月未満3回2回
(4~8週間隔)
1回
(初回終了後7~13か月の間隔)
1歳~5歳未満1回1回

※医師が必要と認めた場合は、初回の間隔を3週間で接種することができます。

小児用肺炎球菌ワクチン

標準的な接種年齢

  • 初回(3回):生後2か月~7か月未満
  • 追加(1回):初回終了後60日以上(1歳以上)
初回接種開始の年齢接種回数内訳
初回接種追加接種
生後2か月~7か月未満4回3回
(27日以上の間隔)
1回(12~15か月齢)
(初回終了後60日以上の間隔)
生後7か月~12か月未満3回2回
(27日以上の間隔)
1回(12か月齢以降)
(初回終了後60日以上の間隔)
1歳~2歳未満2回2回
(60日以上の間隔)
2歳~5歳未満1回1回

※定期予防接種との関係もありますので、間隔などについては主治医にご相談ください。

接種費用

無料 ※ただし、5歳を過ぎると有料になります。

申込方法

接種希望日の3日前までに実施する医療機関に電話で申し込んでください。

市内の実施医療機関

予防接種実施医療機関一覧はこちら [PDFファイル/87KB]

<ページの先頭へ戻る>
<乳幼児の予防接種一覧へ戻る>


<関連リンク>

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)