ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ

不妊治療への助成・相談

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年3月28日更新

新潟県や小千谷市では、不妊治療を行っている方へ治療費の助成を行っています。
また、新潟県不妊専門相談センターでは不妊などでお悩みの方に専門医師が個別に面接相談を行っています。
気軽にご相談ください。

新潟県不妊に悩む方への特定治療支援事業

特定不妊治療に要した費用の一部を新潟県が助成します。

※平成28年度から助成の対象が変更になりました。詳しくは県ホームページをご確認ください。

■対象者/夫婦の一方、または両方が県内に居住している方
■対象となる治療/県知事が指定した医療機関で行う体外受精と顕微受精
■指定医療機関/立川綜合病院、セントポーリアウィメンズクリニックほか(詳しくはお尋ねください)
■問い合わせ/長岡地域振興局健康福祉環境部(電話番号:0258-33-4931)

県のホームページはこちらから(別の窓が開きます)

<ページの先頭へ戻る>

小千谷市特定不妊治療費助成事業

特定不妊治療(体外受精および顕微授精)に要した費用の一部を市が助成します。

■対象者/夫婦のいずれかが市内に住所を有する方で、上記の新潟県不妊に悩む方への特定治療支援事業を申請し、該当になった方
■対象となる治療/県知事が指定した医療機関で行う体外受精と顕微授精
■助成額/1治療あたり上限額8万円
■問い合わせ/健康センター(電話番号:0258-83-3640)
■提出書類/

  1. 小千谷市特定不妊治療費助成事業申請書
  2. 新潟県不妊に悩む方への特定治療支援事業の助成決定通知の写し
  3. 新潟県不妊に悩む方への特定治療支援事業受診等証明書の写し
  4. 小千谷市特定不妊治療費助成事業受診等証明書(3があれば添付不要)
  5. 指定医療機関発行の領収書(県に提出するものの写しでも可)
  6. 夫婦の住民票(申請日からおおむね1か月以内のもので、世帯全員の続柄、本籍記載のもの。夫婦の住所が異なる場合はそれぞれの住民票が必要です。)

小千谷市特定不妊治療費助成事業のご案内 [PDFファイル/629KB]

<ページの先頭へ戻る>

新潟県不妊専門相談センター

不妊などでお悩みの方に専門医師が個別に面接相談を行います。

■会場/新潟大学医歯学総合病院(新潟市中央区旭町通1-754)
■面接相談日/毎週火曜日(午後4時~午後6時)
■申込み/同病院産科婦人科(電話番号:025-225-2184)
■相談料/無料
■メール相談/sodan@med.niigata-u.ac.jp
■問い合わせ/新潟県健康対策課(電話番号:025-280-5197)

<ページの先頭へ戻る>

各種申請様式

小千谷市特定不妊治療費助成事業申請書 [PDFファイル/120KB]
小千谷市特定不妊治療費助成事業受診等証明書 [PDFファイル/120KB]
委任状(代理人が申請する場合に必要) [PDFファイル/67KB]

<ページの先頭へ戻る>

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)