ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 健康センター > ダニによる感染症に注意しましょう

ダニによる感染症に注意しましょう

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年7月10日更新

山林や草むらに生息するダニに刺されると、ツツガ虫病や重症熱性血小板症候群などの感染症にかかる可能性があり、北海道ではマダニによるダニ媒介脳炎の発生が確認されています。また河川周辺や山林、草地のほか、自宅周辺で刺されたという報告もあり注意が必要です。

予防方法

農作業など、山林や草地などに入るときは、次のことに気をつけましょう。

  • 長袖、長ズボン、長靴を着用し、肌をできるだけ出さないようにする。
  • 衣類を草むらに置いたり、草むらで休息や用便をしない。
  • 防虫スプレーを利用する。
  • 山野での作業後は入浴をして、吸血前のダニを皮膚から洗い流す。ダニが体についていないか点検する。

ダニに刺された場合

  • マダニに刺されたら無理に引き抜かず、皮膚科で処置(マダニの除去、洗浄など)をしてもらいましょう。
  • 発熱などの症状が出たら、直ちに医師の診察を受けましょう。

<関連リンク>

「ダニによる感染症に注意しましょう」(新潟県のホームページへ移動します)