ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 移住・定住・交流 > 交流 > 親子で体感!すぎなみバスツアーを開催しました

親子で体感!すぎなみバスツアーを開催しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年8月4日更新

7月29日(金曜日)~30日(土曜日)、「親子で体感!すぎなみバスツアー」が開催され、15組39人の親子が交流自治体である東京都杉並区を訪問しました。これは、小千谷市と杉並区の相互交流促進のため共同事業として開催されたものです。

昼頃に到着した参加者は、「神田川・環状七号線地下調節池」を見学。地下約40メートルに広がる巨大な地下トンネルに圧倒されながら、係員の説明に対し熱心にメモを取っていました。
次に訪れた「杉並アニメーションミュージアム」は日本初のアニメ博物館。杉並区のマスコットキャラクター「なみすけ」の出迎えを受け、画面に合わせて声を録音するアフレコ体験やキャラクターの色塗り体験を楽しみました。

2日目は「座・高円寺」での阿波おどり体験からスタート。地元の方から指導を受けながら、見よう見まねで初めての阿波おどり。「ヤットサー!」という威勢のいい掛け声とともに笑顔で楽しく汗をかきました。
最後は東京都庁の上から、オリンピックに向けて変わりゆく都内を一望。東京スカイツリーなどを眺めた後、帰路につきました。

参加者からは「子どもも大人もワクワクするツアーだった」、「阿波踊りがとても楽しかった」、「杉並をもっと知りたいと思った」といった感想が聞かれるなど、グッと杉並区が身近な存在になったようです。
これからも、杉並区と互いの魅力を生かした交流やイベントを開催していきますので、ぜひご参加ください。

地下調節池のトンネルの画像
地下調節池の暗いトンネルを歩きます
直径12.5メートルの巨大トンネルの画像
直径12.5メートルの巨大トンネルにビックリ!
なみすけとと交流中の画像
なみすけが出迎えてくれました
アニメーションミュージアムで体験中の画像
楽しい体験コーナーがたくさん
阿波おどりの練習中の画像
みんなで楽しく阿波おどりを初体験!
新のんき連さんによる見本演技
本場の名演技にうっとり