ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ

小千谷市移住サポーター

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年4月16日更新

市では、小千谷市への移住に関するサポート役として、移住サポーター(3名)を委嘱しています。
仕事、子育て、雪国での生活など、どんなことでも結構です。お気軽にご相談ください。

移住サポーター
坂本香奈子さん
樽井俊郎さん
清野憂さん
相談について

移住サポーターとは

小千谷市への移住をお考えの方や、移住後間もない方の、最も身近な相談役です。
実際に小千谷市に移住された方であり、移住に関する相談に応じるほか、小千谷市での暮らしの魅力を発信しています。

移住サポーターの紹介

坂本香奈子(さかもと かなこ)さん

 

  • 出身:新潟市
  • 経歴:田舎で食に関する仕事をするため、平成25年に「地域おこし協力隊」として移住。その後結婚し、現在は子育てをしながら夫婦で「真人とうふ」を経営。豆腐を使ったスイーツなども手掛ける。

坂本さんからのメッセージ

小千谷は昔ながらのコミュニティ、人のあったかさが心地よいまちです。自然環境にも恵まれていて、お米や野菜など、食べ物がおいしいことにも驚きました。子どもたちの遊ぶ場所や遊び方なども、気軽に相談してください!

坂本香奈子さんのブログはこちら(別の窓が開きます)

<ページの先頭に戻る>

 樽井俊郎(たるい としお)さん

 

  • 出身:福島市
  • 経歴:中越大震災の震災ボランティアとして当市を訪れる。その後、鍼灸師として国内・海外各地で働いたのち、平成27年に小千谷市へ移住。現在は東小千谷地区で「さちのさと鍼灸治療院」を経営。

樽井さんからのメッセージ

小千谷は都会と田舎のどちらも身近に感じられて、生活するにはちょうどよいまちです。人との距離が自然で、私自身、地域の方を含め多くの方に助けていただきました。今度は私が色々な相談に乗ります!

樽井俊郎さんのFacebookはこちら(別の窓が開きます)

<ページの先頭に戻る>

清野憂(せいの うれい)さん

清野

  • 出身:東京都
  • 経歴:平成26年に地域おこし協力隊として移住し、農家レストラン「山紫」や農家民宿「へんどん」の運営に携わる。協力隊退任後も地域に定住し、地元の食材を使った菓子製造「ポレポレ工房」を起業。

清野さんからのメッセージ

移住して4年、毎日が新しい発見の連続です。春の山の芽吹き、夏の畑の豊かさ、秋の収穫の喜び、冬の雪の白の美しさ。そして人との出会い。「豊かさを肌で感じられる」暮らしを実感しています。こんな素敵な毎日をを皆さんと共有できたらなと思います。

清野憂さんのFacebookはこちら(別の窓が開きます)

 <ページの先頭に戻る>

相談について

相談期間

移住前から移住後1年間

相談内容

仕事、子育て、住居、医療機関、雪国での生活など、小千谷市での暮らし全般に関する事項

相談料

無料

相談方法

次のどちらかの方法でご相談いただけます。
後日、移住サポーターから相談者へ直接ご連絡します。

インターネットからのご相談

「相談受付フォーム」に相談したい内容を入力し、送信してください。

相談受付フォームはこちら(別の窓が開きます)

申込書によるご相談

相談したい内容を「移住サポーター申込書」に記入し、観光交流課宛にお送りください。

移住サポーター申込書 [PDFファイル/46KB]
移住サポーター申込書 [Wordファイル/34KB]

<ページの先頭に戻る>

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)