ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ

移住までの流れ

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年5月2日更新

豊かな自然、広がる田園風景、暖かい人々…。田舎暮らしには都会にはない大きな魅力があり、また移住を考えている皆さんもそういった夢や希望をお持ちだと思います。山本山の菜の花の写真
しかし、短期ではなく長期、あるいは定住を目指す場合はしっかりとした準備が必要です。ここでは移住・定住を目指す方のために、田舎暮らしの先輩からのアドバイスを参考にそのポイントをまとめました。

ポイント1:田舎暮らしについての事前学習と情報収集

自分の思い描く田舎暮らしを実現するため、事前に情報を集めます。移住に関する専門雑誌やホームページ等の資料を見て、具体的にどんな暮らしがしたいのか、イメージをつかみましょう。移住応援ガイドブックの写真
その上で何がしたいのか、それをかなえてくれる環境はあるのか、実際に暮らすにはどれくらいの費用がかかるのか等を調べます。積雪への対応や買い物などの生活環境も気になりますよね。
小千谷市の実際の暮らしを知るには、こちらの「おぢや移住応援ガイドブック」も参考にしてください。

ポイント2:実際に現地を見学・体験してみましょう

田舎暮らしをするにあたり、いきなり見ず知らずの土地に住むということは不安に思われるでしょう。お祭りやイベントなどの機会に合わせて、ぜひ一度小千谷を訪れてみてください。田植え体験の写真
また、市内にある農家民宿に宿泊してみる、あるいは一歩進んで「おぢやクラインガルテンふれあいの里」の滞在型農園を利用して実際に小千谷に滞在し、季節や住みやすさを体感してみることをお勧めします。
その他、市内各地域では、田舎暮らしを体感していただくために田植えツアーや稲刈りツアーなどを行っています。そこに参加しながら農村の自然や人に触れ、美味しいごはんを食べたり、子供は田植えそっちのけで田んぼを走り回ったり…。実際の体験を通して、自然豊かな田舎の良さを感じることができるはずです。
こういった見学や体験の中では、地元の人だけでなく、田舎暮らしの先輩である移住者との交流がきっとあります。その方の体験談も非常に参考になるでしょう。

ポイント3:暮らしの条件を整えて、新生活スタート!

地域での暮らしの感じもおおよそ掴め、「ここに根を下ろして暮らしていこう!」と、本格的に田舎暮らしをお考えの方は、住む場所、仕事等について検討なさることでしょう。新生活を始める家族の画像
小千谷市では空き家物件の紹介住宅の取得や家賃に対する助成制度ハローワーク等を通じた仕事の紹介を行っております。ぜひお気軽にご相談ください。
こうして暮らしの条件が整えば、いよいよ新しい生活がスタートです!

ポイント4:地域に溶け込むコツ

田舎暮らしを新しく始めた方の不安は、近くに知り合いがいないこと。ちまき作り体験の写真
しかし、地元の方に一言かけていただければ、気さくにあれこれ教えてくれるはず。顔を合わせるうちに自然と打ち解け、見守ってくれる温かさが小千谷にはあります。
そうして少しずつ近所の方と挨拶を交わしながら、町内の行事に参加したりしていくうちに徐々に集落に溶け込んでいけるというわけです。
温かな人の輪が田舎暮らしを豊かにしてくれます。