ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 観光交流課 > 一般コミュニティ助成事業のご紹介

一般コミュニティ助成事業のご紹介

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年9月6日更新

一般財団法人 自治総合センターでは、宝くじの社会貢献広報事業として、コミュニティ活動の充実・強化を目的とした事業に対して補助金を交付しています。

一般財団法人 自治総合センターのホームページはこちらから(別のページが開きます)

事業の内容

一般コミュニティ助成事業

助成金額100万円から250万円まで ※10万円未満切り捨て
事業主体市町村、市町村が認めるコミュニティ組織
対象事業コミュニティ活動の活性化を目指したコミュニティ活動に直接必要な設備等の整備
事業例

・お祭り用品の整備(太鼓、笛、法被、提灯、幕など)
・集会施設の備品整備(机、いす、プロジェクター、パソコン、プリンター、テレビなど)
・イベント用品の整備(テント、音響機器、発電機など)
・公園の整備(遊具、ベンチの設置など)

対象外事業例

・建物と実質一体とみなせるもの(トイレ、畳、カーペット、アコーディオンカーテンなど)
・特定の宗教団体、宗教施設の名称が入ったお祭り用品
・動力の付いた屋台、山車など
・地域性のない楽器(軽音楽器、ピアノなど)
・自転車
・防犯カメラ

平成29年度に補助対象となった事業

  • コミュニティ活動備品(子供神輿、曳車、太鼓など)の整備(信濃町町内会)
  • コミュニティ活動備品(万灯・お囃子台車、お囃子用具など)の整備(本町町内会)

補助の対象とならない事業

上記に該当する事業であっても、下記のいずれかに該当するときは、補助の対象となりません。

  • 政治または宗教活動を目的とする事業
  • 国、新潟県、他団体の補助金及び市の他の補助金の交付を受けている事業
  • 補助金により他の団体を補助する事業
  • 事業の効果が特定の個人または団体のみに帰属する事業
  • 施設や備品の整備のみを目的とした事業
  • 町内や団体においてすでに恒例として開催している事業

申請にあたって

申請書類の提出期限

平成30年度の実施申請をする団体等は、平成29年9月25日(月曜日)までに観光交流課へ申請書類をご提出ください。

申請書類について

観光交流課へ事前にご連絡いただいた団体等に対し、実施要綱や申請様式などをお送りしています。

申請様式は電子データもありますので、希望する方はUSBメモリ等をご持参のうえ、観光交流課までお越しください。

その他

  • 事業の採択は(一財)自治総合センターが行います。結果通知は申請の翌年4月上旬の予定です。
  • 予定している事業が対象になるか不明な場合や申請書の書き方がわからない場合などは、下記連絡先までご相談ください。