ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ

低所得者の方への支援

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年8月1日更新

低所得者の方への支援のご案内です。

特定入所者介護サービス費社会福祉法人等による利用者負担額の軽減

特定入所者介護サービス費

低所得の方の施設利用が困難とならないよう、食費と居住費の上限額を定めた制度です。世帯の所得や本人の所得、利用する居室によって上限額が異なりますので、対象となる方は申請してください。

対象となるサービス(介護予防を含みます)

  • 施設サービス(介護老人福祉施設、介護老人保健施設、介護療養型医療施設、地域密着型介護老人福祉施設)
  • 短期入所サービス(短期入所生活介護、短期入所療養介護)

対象となる費用

  • 食費
  • 居住費(滞在費)

対象者の要件

次の1または2のいずれかの要件を満たしている方

1.生活保護受給者または境界層該当者の方
2.世帯の全員が市民税非課税であり、下記のすべてにあてはまる方
 ・配偶者(別世帯も含む)が市民税非課税の方
 ・本人とその配偶者が所有する預貯金等の合計額が2,000万円以下(配偶者がいない場合は1,000万円以下)の方

平成28年8月1日から利用者負担段階の判定において、年金収入等に非課税年金を加えて判定することになりました。
※非課税年金とは、基礎年金・厚生年金・共済年金等の障害年金、遺族年金で、恩給は含みません。
※申請書の該当する非課税年金の種類と年金保険者に○を記入してください。

利用者負担段階・上限額(負担限度額:金額は日額)

利用者負担段階と上限額は下表のとおりです。

利用者負担段階対象者負担限度額(日額)
部屋代食費食費
第1段階・老齢福祉年金受給者で世帯全員が市区町村民税非課税の方
・生活保護受給者
多床室0円300円
従来型個室(特養等)320円
従来型個室(老健・療養等)490円
ユニット型準個室490円
ユニット型個室820円
第2段階世帯全員が市区町村民税非課税で、本人の合計所得金額と課税および非課税年金収入額の合計金額が80万円以下の方多床室370円390円
従来型個室(特養等)420円
従来型個室(老健・療養等)490円
ユニット型準個室490円
ユニット型個室820円
第3段階世帯全員が市区町村民税非課税で第2段階以外の方多床室370円650円
従来型個室(特養等)820円
従来型個室(老健・療養等)1,310円
ユニット型準個室1,310円
ユニット型個室1,310円
第4段階第1段階~第3段階以外の方(世帯課税)負担限度額なし

 申請に必要なもの

  • 介護保険負担限度額認定申請書
  • 印鑑(押印済の場合は、必要ありません)
  • 交付済の介護保険負担限度額認定証(更新の方のみ)
  • 本人・配偶者が所持しているすべての預貯金、有価証券にかかる通帳等の写し(申請日から2か月分の状況がわかるもの)
  • 個人番号(マイナンバー)確認用書類
    申請者が本人の場合、個人番号(マイナンバー)カード、または通知カード+運転免許証等の写真付身分証明書(写真付身分証明書がない場合は、被保険者証や年金手帳等を複数)
    申請者が代理人の場合、本人の被保険者証(または委任状)等が必要になります。詳しくはお問い合わせください。
    ※個人番号(マイナンバー)の記入が困難な場合は、空欄のまま提出してください。その場合、個人番号(マイナンバー)確認用書類は不要です。

その他の留意事項

  • 認定のため必要に応じて、申請書の同意書の同意に基づき官公庁、金融機関等に対して、課税状況ならびに預貯金等の残高の照会を行うことがあります。
  • 不正に負担軽減を受けた場合は、それまでに受けた負担軽減額に加え最大2倍の加算金(負担軽減額と併せ最大3倍の額)の納付を求めることがあります。
  • 申請した月の初日から軽減の対象となります。

<関連リンク>

<ページの先頭へ戻る>

社会福祉法人等による利用者負担額の軽減

社会福祉法人等が提供する介護保険サービスを利用している方が、以下の要件に該当する場合は、自己負担額が4分の1(老齢福祉年金受給者は2分の1、生活保護受給者は居住費が全額)軽減されます。

対象者・要件

市区町村民税非課税世帯で、以下の5つの要件をすべて満たしている方または生活保護受給者。

  1. 年間収入が単身世帯で150万円、世帯員が1人増えるごとに50万円を加算した額以下であること
  2. 預貯金等の額が単身世帯で350万円、世帯員が1人増えるごとに100万円を加算した額以下であること
  3. 世帯が居住に要する家屋その他日常生活に必要な資産以外に利用し得る資産を所有していないこと
  4. 負担能力のある親族等に扶養されていないこと
  5. 介護保険料を滞納していないこと

対象となるサービス(介護予防を含みます)

  • 訪問介護
  • 通所介護
  • 認知症対応型通所介護
  • 短期入所生活介護
  • 定期巡回・随時対応型訪問介護看護
  • 夜間対応型訪問介護
  • 地域密着型通所介護
  • 看護小規模多機能型居宅介護
  • 小規模多機能型居宅介護
  • 介護老人福祉施設サービス
  • 地域密着型介護福祉施設入所者生活介護

対象となる費用

  • 介護サービス費として支払った費用の利用者負担分
  • 食費
  • 居住費(滞在費) および宿泊費

申請に必要なもの

  • 印鑑
  • 世帯全員の1年間の収入状況がわかるものの写し
    (例:源泉徴収票、給与支払明細書、確定申告の控え、年金支払通知書、老齢福祉年金証書通知書、その他収入を証する書類)
  • 世帯全員の預貯金などの状況がわかるものの写し
    (例:預貯金通帳(普通・定期・積立預金等)、有価証券、債権等(預貯金通帳については、前年1月1日から申請時直近の出し入れが確認できるよう記帳をする))

<ページの先頭へ戻る>

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)