ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 保険・年金 > 国民年金 > 国民年金を引き続き受けるためには

国民年金を引き続き受けるためには

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年12月15日更新

国民年金を引き続き受けるための手続きについてご案内します。

現況届

原則として現況届の届け出は必要なくなりました。ただし、住民票コードが不明な方は届け出が必要です。
各年金の届出先

  • 老齢基礎年金/年金事務所へ提出してください。 
  • 障害基礎年金(20歳前障害)/毎年7月、所得状況届を保健福祉課国保年金係へ提出してください。
  • 老齢福祉年金/毎年8月、定時届を年金事務所へ提出してください。

変更または紛失したとき

基礎年金番号がわかるものを持参してください。

  • 住所が変わった場合/保健福祉課国保年金係または年金事務所へ届出してください。ただし、日本年金機構に住民票コードが登録されている方の届出は原則不要です。
  • 振込先を変更したい場合/年金証書・印鑑・通帳を持参して、保健福祉課国保年金係または年金事務所へ届出してください。
  • 年金証書を紛失した場合/保健福祉課国保年金係または年金事務所へ届出してください。