ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ

介護予防事業

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年12月2日更新

市内に住所を有する65歳以上の高齢者の方が、要介護状態などになることをできる限り防止し、自立した日常生活を営むことができるよう支援するための事業を実施しています。事業は、特定高齢者(支援や介護が必要となるおそれのある虚弱な高齢者)を対象とするものと一般高齢者を対象とするものがあります。

特定高齢者(二次予防事業対象者)

市内に住所を有する65歳以上の方で、基本チェックリストの結果などにより事業の必要性が認められ、介護予防ケアマネージメントを受けた方が対象です。
保健福祉課で、対象者の把握や対象の方々への案内を行っています。

サービスの種類・内容

1. 通所型介護予防事業

  • 運動器の機能向上事業/専門職の指導により、介護予防専用機器をもちいて、筋力、バランス、柔軟性などの運動教室を実施します。(全11回:1単位は週1回・3か月間)
  • 口腔機能の向上事業/歯科衛生士などにより口腔内の衛生、噛む力、飲み込む力、誤嚥や味覚障害の予防、口腔体操を指導します。(全3回:1単位は月1回・3か月間)
  • 栄養改善事業/管理栄養士などにより低栄養や病気を予防するための食事や調理などを指導します。

2. 訪問型介護予防事業

  • うつ病、認知症、閉じこもりの予防・支援を目的に、専門職が定期訪問します。

利用料

無料

一般高齢者

市内に住所を有する65歳以上の方が対象です。
相談会や教室の開催は、市報おぢや、いきいきサロン、デイホームなどでご案内しています。

サービスの種類・内容

  • お年寄りの心の相談会/認知症、うつ病の疑いのある高齢者、その家族を対象として、精神科医師による月1回の相談会を開催しています。
  • 生きがい対応型デイサービス事業(デイホーム)/一般高齢者で閉じこもりがちな方を対象に、市内6か所で、会食、趣味活動、介護予防の学習など、高齢者の集いを行っています。
  • 介護予防普及啓発事業/認知症予防、栄養改善、口腔ケア、うつ病予防、脳卒中予防、転倒骨折予防などに関する介護予防知識を習得するための教室です。

利用料

無料