ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > ガス水道局 > 凍結による水道管破裂事故が多発しています!

凍結による水道管破裂事故が多発しています!

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年1月30日更新

水道管は凍結すると破損する場合があります

水道管は、気温マイナス4℃以下になると凍結・破裂の可能性が非常に高くなります。
現在、小千谷市では凍結による水道管の破損、漏水が多発しています。

凍結しやすい場所は

  • 屋外でむきだしになっている水道管
  • 放射冷却の影響を受けやすい場所や、風あたりの強い場所にある水道管
  • 空家の水道管、給水設備 

水道管が凍結してしまったときは

蛇口を全開にしてタオルをあて、上から50度程度のぬるま湯をかけてゆっくり解凍してください。熱湯をかけると蛇口や水道管が破裂する恐れがありますので、ご注意ください。または、ドライヤーの温風で解凍してください。

水道管が破裂してしまったときは

  • まず、メーターボックス内のバルブ(写真参照)を閉めて漏水を止めてください。
  • 漏水の修理は、小千谷市水道公認工事店に依頼してください。
    小千谷市水道公認工事店一覧ページはこちらから
  • 本管から分岐した水道管はお客様の財産ですので、修理費用はお客さまのご負担となります。

    水道メーターボックス内のバルブのイメージ画像

    漏水にご注意ください(別の窓が開きます)

空家の漏水を発見したときは

除雪がされておらず、空家と思われる家で、

  • 水が出ている
  • 水が出ている音がする

場合は、小千谷市ガス水道局にご連絡ください。

凍結防止のポイント

  • むきだしになっている水道管には、保温材や一時的に乾いた古毛布・布切れなどを巻きつける。
  • 市販の凍結防止ヒーター、または凍結防止水栓を取り付ける。
  • 特に冷え込みの厳しい時は、蛇口から糸状程度に少しずつ水を出しておく。(凍結防止のためにご使用になった水道の使用料金は、お客さまのご負担となりますのでご了承ください。)
  • 保温材、凍結防止ヒーターや凍結防止水栓は、水道工事店などで取り扱っています。
  • 屋外設置の給湯器には凍結防止ヒーターが内蔵されている場合がありますので、ご不在の場合も電気のブレーカーは落とさないでください。やむを得ずブレーカーを落とす場合は、給湯器の取扱説明書にしたがって水抜きをしてください。
  • 冬期間に水道を使用しない場合は、ガス水道局に閉栓のご連絡をください。(開閉栓手数料500円がかかりますが、閉栓中の使用料金はかかりません。)