ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ

水道水等放射能調査結果

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年9月12日更新

小千谷市内の水道水等についての放射能調査を行いましたので、結果をお知らせします。

水道水についての放射能調査結果

 平成30年度水道水放射能調査結果 (単位:ベクレル/キログラム)

施設名採水日放射性ヨウ素放射性セシウム検査機関
北部浄水場平成30年4月16日検出せず検出せず株式会社新環境分析センター
塩殿浄水場平成30年5月14日検出せず検出せず株式会社新環境分析センター
小千谷浄水場平成30年6月11日検出せず検出せず株式会社新環境分析センター
北部浄水場平成30年7月23日検出せず検出せず株式会社新環境分析センター
塩殿浄水場平成30年8月20日検出せず検出せず株式会社新環境分析センター
小千谷浄水場平成30年9月10日検出せず検出せず株式会社新環境分析センター
食品衛生法に基づく基準値なし10 
※放射性ヨウ素の基準値について、東日本大震災では、暫定規制値として1キログラムあたり300ベクレルが設定された。

<ページの先頭へ戻る>

浄水場汚泥等についての放射能調査結果

平成30年度浄水汚泥放射調査結果 (単位:ベクレル/キログラム)

施設名採取日ヨウ素-131セシウム合計検査機関備  考
小千谷浄水場平成30年5月11日10未満10未満株式会社新環境分析センター脱水汚泥
平成30年6月4日10未満10未満株式会社新環境分析センター脱水汚泥
平成30年7月11日10未満10未満株式会社新環境分析センター脱水汚泥
平成30年8月22日10未満10未満株式会社新環境分析センター脱水汚泥
平成30年9月6日10未満10未満株式会社新環境分析センター脱水汚泥
工水浄水場平成30年7月12日10未満16株式会社新環境分析センター天日乾燥床No.2(搬出用)
※セシウム合計は、セシウム‐134とセシウム‐137の合計値です。
※特定産業廃棄物(放射性物質汚染対処特別措置法):1キログラムあたり8,000ベクレルを超すもの
※クリアランスレベル(放射線障害防止法):1キログラムあたり100ベクレル以下のもの

<ページの先頭へ戻る>

県内の河川水及び他市町村の水道水の調査結果

県内の河川水及び他市町村の水道水の調査結果は、新潟県のホームページからご覧いただけます。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)