ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ

ガス選択約款

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年4月1日更新

掲載している料金は、平成29年4月1日から適用の料金です。

小型空調契約

ガスエンジンヒートポンプエアコン(GHP)または30冷凍トン以下のガス吸収式冷温水機をご使用になる場合に、お申し出により適用する契約です。
専用メーターの設置が必要です。

※調整単位料金は、その他期(4月~11月検針分)と冬期(12月から3月検針分)で異なります。

1種

  • 基本料金(1か月):1,620円(税込)
  • 調整単位料金(その他期、1立方メートル):基準単位料金74.64円(税込)±原料費調整額(税込)
  • 調整単位料金(冬期、1立方メートル):基準単位料金81.66円(税込)±原料費調整額(税込)

2種

  • 基本料金(1か月):756円(税込)
  • 調整単位料金(その他期、1立方メートル):基準単位料金76.59円±原料費調整額(税込)
  • 調整単位料金(冬期、1立方メートル):基準単位料金83.61円±原料費調整額(税込)

料金の算定方法

早収料金(税込)=基本料金(税込)+従量料金(調整単位料金(税込)×使用量)
(基本料金と従量料金を合算後、1円未満を切捨てます。)

※調整単位料金とは、基準単位料金に原料費調整額を加減した後の料金です。原料費調整制度により毎月調整を行います。当月・翌月の調整結果(調整単位料金)は、毎月の検針の際にお知らせします。

<このページの先頭へ>

空調夏期契約

ガスエンジンヒートポンプエアコン(GHP)またはガス吸収式冷温水機をご使用になる場合に、お申し出により適用する契約です。
専用メーターの設置が必要です。

※12月~3月検針分は、一般料金が適用されます。

1種

  • 定額基本料金(1か月):6,156円(税込)
  • 流量基本料金単価(契約使用可能量1立方メートルあたり):259.20円(税込)
  • 調整単位料金(1立方メートル):基準単位料金69.24円(税込)±原料費調整額(税込)

2種

  • 定額基本料金(1か月):972円(税込)
  • 流量基本料金単価(契約使用可能量1立方メートルあたり):259.20円(税込)
  • 調整単位料金(1立方メートル):基準単位料金71.08円(税込)±原料費調整額(税込)

料金の算定方法

■早収料金(税込)=基本料金 (定額基本料金(税込)+(流量基本料金単価(税込)×契約可能使用量) )+従量料金(調整単位料金(税込)×使用量)
(基本料金と従量料金を合算後、1円未満を切捨てます。)

※調整単位料金とは、基準単位料金に原料費調整額を加減した後の料金です。原料費調整制度により毎月調整を行います。当月・翌月の調整結果(調整単位料金)は、毎月の検針の際にお知らせします。

<このページの先頭へ>

時間帯別B契約

年間を通じて平均的にまた一定以上の量をお使いいただく契約で、最大使用量・年間使用量・引取量・負荷率等の条件があります。契約条件についてはガス水道局へお問い合わせください。

  • 定額基本料金(1か月):3,240円(税込)
  • 流量基本料金単価(契約最大使用量1立方メートルあたり):437.41円(税込)
  • 昼間基本料金単価(契約昼間使用量1立方メートルあたり):4.91円(税込)
  • 夜間基本料金単価(契約夜間使用量1立方メートルあたり):2.38円(税込)
  • 調整単位料金(1立方メートル):基準単位料金67.35円(税込)±原料費調整額(税込)

料金の算定方法

■早収料金(税込)=基本料金 ( 定額基本料金(税込)+(流量基本料金単価(税込)×契約最大使用量)+(昼間基本料金単価(税込)×契約昼間使用量)+(夜間基本料金単価(税込)×契約夜間使用量) )+従量料金(調整単位料金(税込)×使用量)
(基本料金と従量料金を合算後、1円未満を切捨てます。)

※調整単位料金とは、基準単位料金に原料費調整額を加減した後の料金です。原料費調整制度により毎月調整を行います。当月・翌月の調整結果(調整単位料金)は、毎月の検針の際にお知らせします。

<このページの先頭へ>

家庭用温水暖房契約

家庭の居室で温水床暖房や温水ヒーターをご使用になる場合に、お申し出により適用する契約です。
専用メーターの設置は不要です。

※5月~11月検針分は一般料金が適用されます。

  • 基本料金(1か月):1,296円(税込)
  • 調整単位料金(1立方メートル):基準単位料金73.56円(税込)±原料費調整額(税込)

料金の算定方法

■早収料金(税込)=基本料金(税込)+従量料金(調整単位料金(税込)×使用量)
(基本料金と従量料金を合算後、1円未満を切捨てます。)

※調整単位料金とは、基準単位料金に原料費調整額を加減した後の料金です。原料費調整制度により毎月調整を行います。当月・翌月の調整結果(調整単位料金)は、毎月の検針の際にお知らせします。

 <このページの先頭へ>

融雪契約

屋根融雪やロードヒーティングをご使用になる場合に、お申し出により適用する契約です。(家庭用、営業用は問いません)
専用メーターの設置が必要です。

※4月~11月検針分は一般料金が適用されます。(ただし、一般料金適用期間中の使用量が0立方メートルの場合、料金はかかりません。)

  • 基本料金(1か月):1,620円(税込)
  • 調整単位料金(1立方メートル):基準単位料金73.56円±原料費調整額(税込)

料金の算定方法

■早収料金(税込)=基本料金(税込)+従量料金(調整単位料金(税込)×使用量)
(基本料金と従量料金を合算後、1円未満を切捨てます。)

※調整単位料金とは、基準単位料金に原料費調整額を加減した後の料金です。原料費調整制度により毎月調整を行います。当月・翌月の調整結果(調整単位料金)は、毎月の検針の際にお知らせします。

<このページの先頭へ>

事業所用温水暖房契約

事業所(店舗、作業所、事務所等)で温水床暖房や温水ヒーターをご使用になる場合に、お申し出により適用する契約です。
専用メーターの設置が必要です。

※5月~11月検針分は一般料金が適用されます。(ただし、一般料金適用期間中の使用量が0立方メートルの場合、料金はかかりません。)

  • 基本料金(1か月):1,620円(税込)
  • 調整単位料金(1立方メートル):基準単位料金73.56円(税込)±原料費調整額(税込)

料金算定の方法

■早収料金(税込)=基本料金(税込)+従量料金(調整単位料金(税込)×使用量)
(基本料金と従量料金を合算後、1円未満を切り捨てます。)

※調整単位料金とは、基準単位料金に原料費調整額を加減した後の料金です。原料費調整制度により毎月調整を行います。当月・翌月の調整結果(調整単位料金)は、毎月の検針の際にお知らせします。

<このページの先頭へ>

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)