地域とともに 自分らしく 生活する子ども
《お問い合わせ先メールアドレス》
sogosien@ojiya.ed.jp
自分のよさを知り、いろいろなことにチャレンジしよう
 おしらせ 
平成29年度
 学校行事予定
平成29年1月12日更新
スクールフォーラムの開催
平成28年10月14日更新
校舎外壁改修工事について(完了のお知らせ)
 ダウンロード
 ・登校許可証明書
 学校だより

過去の学校だより

平成29年度
学校だより1号
学校だより2号
学校だより3号

 資料
・小千谷市立総合支援学校
 いじめ防止基本方針
・新潟県特別支援学校長会
 交流及び共同学習実践ガイドブック Vol.2
  交流及び共同学習ガイドブックvol.3 ケースブック
・新潟県特別支援学校教頭会
 合理的配慮実践ガイドブック Vol.2
 合理的配慮実践ガイドブック Vol.3
 小千谷市教育研究会
  特別支援教育推進委員会資料
 ・研修部たより

 リンク集
小千谷小学校
日本一歴史と伝統のある小学校
~開校150周年~
新潟県小千谷市
伝統・創造・自然が織りなす
誇りあるまちおぢや
新潟県
番目のお客様
(平成27年3月13日より)
 ようこそ、小千谷市立総合支援学校ホームページへ
学校教育目標
 地域とともに 自分らしく 生活する子ども
重点目標
【小学部】自分の好きなことを見つけ 自分でできることを増やそう
【中学部】自分を、仲間を大切にしよう
【高等部】自分らしさを発揮しながら、いきいきと活動しよう

 トピックス & お知らせ




  
ビデオカメラを寄贈していただきました
       (小千谷ライオンズクラブ様より)
2017年7月13日(木曜日)
 7月11日(火)、小千谷ライオンズクラブは結成50周年の記念事業の一環としてとして、小千谷ライオンズクラブの方々(吉澤様、渡辺様、平澤様)が来校され、「子どもたちの教育活動に役立ててください」とビデオカメラと三脚・バッテリーなどの付属品一式を寄贈していただきました。
 校長室で行われた贈呈式で、生徒代表の藤巻詩音さんは「学習発表会のときに使いたいと思います」とお礼を述べていました。



  
オープンスクールを開催しました
2017年7月11日(火曜日)
 7月8日(土)、オープンスクールを開催しました。約100名の来校者がありました。大勢の参観者の中でも、子どもたちはのびのびと学習しました。参観者からは「先生方が、児童・生徒の個性に合わせて、ていねいに指導に取り組んでいる様子がよく理解できた」「子どもたちの表情など、生き生きしていてよかったです」とお褒めの声をいただきました。また「当校の現状と課題など、簡単な説明がほしいと思った」など、今後検討が必要と思われるご意見もいただくことができました。
 ご来校された皆様、ありがとうございました。




  
読み聞かせの会
2017年7月8日(土曜日)
 7月7日(金)に「読み聞かせの会」を行いました。開校以来お世話になっている「つくしんぼの会」の方々(濁川様、谷井様、須田様)から、小学部と中学部に読み聞かせをしていただきました。  
 今回は、「かにむかし(中学部)」「おおきなかぶ(小学部)」「かお かお どんなかお(小学部)」の3つお話をしていただきました。「おおきなかぶ」では、かぶを抜く様子を3人で演じられ、子どもたちがイメージしやすいように工夫されていました。また、童謡の「たなばたさま」や「しゃぼん玉」の歌をみんなで歌い、楽しい時間を過ごしました。



  
特別支援教育研修講座 開催のお知らせ
2017年7月7日(金曜日)
8月1日(火)に、第3回特別支援教育研修講座を、
8月8日(火)に、第4回特別支援教育研修講座を開催します。
詳しくは、こちらをご覧ください。
  「第3回特別支援教育研修講座の案内」
参加申し込みについては、こちらからダウンロードしてください。
  「第4回特別支援教育研修講座の案内」
参加申し込みについては、こちらからダウンロードしてください。



  
救急法研修会(職員研修)を実施
2017年6月23日(金曜日)
 6月22日(木)、小千谷消防署の渡邉様を講師に招いて、救急法の研修を行いました。今回は、「これから8分間(救急車が到着するまでの平均時間と言われている)、お互いが協力して心肺蘇生法をしてください」と、実際の状況を想定した課題が出されました。「○○さん、胸骨圧迫を交代してください」「人工呼吸、代わります」等、お互いに声を掛け合って8分間やり遂げることができました。
 学校では、プール授業が始まり、子ども達の歓声が聞こえています。いざという場面でも、あわてず、この日のチームワークで対応したいと思います。





  
第1回特別支援教育研修講座を開催しました
2017年6月16日(金曜日)
 6月15日(木)。今年度初めての「特別支援教育研修講座」を開催しました。前半は公開授業、後半は村中智彦准教授(上越教育大学)を講師に、「分かる・できる・動ける授業作り」をテーマに、講義をしてもらいました。村中准教授からは、参観された授業を基に、教師の立ち位置や個人差が大きい集団での授業作りについて話してもらいました。校外から参観された先生方からは、「子どもたちが一生懸命やっている姿に、とても感動しました」「障がいの程度に関係なく、将来のことを考えると、なるべく手を離すことが必要だと感じた。とても勉強になった」等、評価する声をたくさんいただきました。
  (第2回特別支援教育研修講座は、7月11日(火) 当校で行います)



  
前期校内・現場実習始まりました(高等部)
2017年6月15日(木曜日)
 高等部では、6月12日から6月30日まで、前期校内・現場実習を行っています。
 1年生は初めての校内実習と職場見学。 
 2年生は2週間の現場実習と1週間の校内実習。
 3年生は3週間の現場実習が基本となっています。
 校内実習は、外部企業(株式会社林屋紙器様)からいただいた箱の組み立て作業や現場実習を見越した作業(タオルたたみ、チラシ折など)、自立活動的な活動をしています。
 普段とは違った緊張感のある中で、自分の課題や強みを発見したり、働く厳しさ、やりがいを感じたりしながら仕事に向き合っています。




上手に植えたよ!さつまいも苗(小学部)
2017年6月15日(木曜日)
 6月9日(金)に、小学部と中学部で小千谷クラインガルテンの畑にサツマイモの苗植えに行きました。クラインガルテンの方が丁寧に植え方を教えてくださり、一人一人、上手に植えました。秋の収穫が楽しみです。
 働いた後は、自分でお金を入れてボタンを押して好きなジュースを買う体験もしました。

いもの苗植え がんばりました!(中学部)

2017年6月14日(水曜日)
 6月9日(金)青空のもと、さつまいもの苗植えをしてきました。クラインガルテンの方々に植え方を教えてもらい、手際よく45本の苗を植えました。また、ちょうどバラ園も見ごろで、大輪の花を観賞しました。作業後は、みんなで芝山をダンボールで滑って遊びました。

小千谷市立総合支援学校
 〒 949-8721 小千谷市大字塩殿甲2144番地
 電話0258-82-1878 FAX 0258-82-1889 メール sogosien@ojiya.ed.jp 
 著作権法により無断での複製、転載等は禁止されております。