ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 生涯学習・スポーツ > 小千谷に伝わる浮世絵展15~歌川国貞(三代豊国)「国尽倭名誉」後段~

▼ページ本文はここから

小千谷に伝わる浮世絵展15~歌川国貞(三代豊国)「国尽倭名誉」後段~

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年2月10日更新

「小千谷縮」の生産、流通で栄えた小千谷には、江戸から多くの浮世絵が伝わっています。また、ひな祭りに絵紙(浮世絵)を部屋中に飾る、全国的にも珍しい風習で知られています。
今回は、その風習を再現した「絵紙で彩る小千谷のひいな祭り」にあわせて、楽集館でも浮世絵の展示を行います。
入場は無料です。ぜひご覧ください。

「絵紙で彩る小千谷のひいな祭りのポスター」 [PDFファイル/15.63MB]

期間

平成30年2月22日(木曜日)~3月13日(火曜日)
午前9時~午後5時

※毎週水曜日は休館日です。

会場

小千谷市民学習センター「楽集館」 展示室(地図) 電話0258-82-8282

展示内容

歌川国貞(三代豊国) 「国尽倭名誉」後段(展示点数 32点)

前回、8月から9月にかけて前段をご覧いただきました。今回は、全68点の揃物のうち、小千谷に伝わる57点の後段部分をご覧いただきます。 

絵師は、当時、美人画と役者絵で知られる歌川国貞(三代豊国1786~1864)です。嘉永5年から嘉永6年(1852年~1853年)にかけて刊行されました。浮世絵には、全国各地の地名をタイトルとし、それにゆかりのある歌舞伎の登場人物が描かれています。

会場には、小千谷に伝わる古地図「大日本道中細見記」もあわせて展示しますので、芝居の筋に思いを巡らせながらの諸国漫遊の旅を、どうぞお楽しみください。

  浮世絵展チラシ [PDFファイル/10.21MB]

問い合わせ

生涯学習課社会教育係(総合体育館内)電話番号:0258-83-0077

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)