ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 生涯学習・スポーツ > 東忠展~明治・大正・昭和の記憶

▼ページ本文はここから

東忠展~明治・大正・昭和の記憶

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年6月12日更新

4月28日から5月6にかけて開催した旧割烹東忠展の第2弾です。旧割烹東忠に伝わる品々を展示します。現在は、一般財団法人小千谷市産業開発センター及び小千谷市教育委員会が所蔵しています。
入場は無料です。ぜひご覧ください。

現在の東忠の建物 現在の東忠のたたずまい 

※ 建物は、国の登録有形文化財に登録されています。

梅の間 河井継之助が遅い昼食をとったとされる「梅の間」

期間

平成30年6月22日(金曜日)~6月26日(火曜日)
午前9時~午後5時

※毎週水曜日は休館日です。

会場

小千谷市民学習センター「楽集館」 展示室(地図) 電話0258-82-8282

展示内容

旧割烹東忠は、長岡藩家老・河井継之助が小千谷談判決裂ののち、遅い昼食をとったといわれている割烹です。その旧割烹東忠が所蔵していた貴重で懐かしい品々を展示します。

食材の仕入れ帳や、「北越美人帖」、芸妓さんの写真など約80点を展示します。当時の小千谷ガイドブック「小千谷案内」を見れば、たちまちノスタルジックな世界に引き込まれることでしょう。

旧割烹東忠ゆかりの品々のほか、東忠の歴史的建造物としての魅力についても展示を行います。

芸妓さんの写真   東忠にあったビリヤード場の写真

芸妓さんの写真(大正9年撮影、東忠にて)     当時、東忠にあったビリヤード場の様子

入場無料

問い合わせ

生涯学習課社会教育係(市民会館内)電話番号:0258-82-9111