ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 生涯学習・スポーツ > スポーツ > 生涯学習・スポーツ > 長岡地域定住自立圏スポーツ振興事業「ストレッチとトレーニング研修会」を開催しました

▼ページ本文はここから

長岡地域定住自立圏スポーツ振興事業「ストレッチとトレーニング研修会」を開催しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年12月14日更新

12月7日(水曜日)に総合体育館サブアリーナにて、新潟アルビレックスBBに所属するアスレティックトレーナー兼コンディショニングコーチの阿部理一氏を迎えて、長岡地域定住自立圏(長岡市、見附市、小千谷市、出雲崎町)のスポーツ指導者研修会を開催しました。

「ストレッチとトレーニング」をテーマに、参加した163名の指導者・選手のみなさんは実際に体を動かしながら、トレーニングの目的や指導をする上でのポイントなどを楽しく学びました。左右の手足が異なる動作のストレッチ、トレーニングを取り入れ、脳トレーニングにも効果があることも実践していました。
大切なポイントとして、「自分が動かせる範囲で、柔らかくより使いやすくすること」、「筋肉は硬め、関節は柔らかめ、バランスが大事」と、参加した指導者・選手には、自チームに持ち帰り、日頃の活動等に役立てていただければと話していました。

開校式の様子の画像
阿部さんは、昨年まで日本人初のNBAプレイヤーの
田臥選手と一緒のチームに所属
実践の様子の画像
下半身のストレッチング
実践の様子の画像
多くのスポーツ少年団の選手も参加していました
開脚している女の子の画像
すごい!柔らかさとバランスが大事です
実践の様子の画像
低い体勢で手足の動きが異なるトレーニング
研修会後に講師にあいさつしている画像
研修会後の感謝のあいさつも忘れません

<関連リンク>

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)