ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 生涯学習・スポーツ > スポーツ > 生涯学習・スポーツ > 第19回Wリーグ公式戦小千谷大会が開催されました

▼ページ本文はここから

第19回Wリーグ公式戦小千谷大会が開催されました

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年10月23日更新

10月14日(土曜日)、15日(日曜日)に総合体育館で、第19回Wリーグ公式戦小千谷大会が開催されました。2日間で1,100人以上が観戦に訪れ、トップ選手の試合に見入っていました。試合は、リーグ10連覇を狙う王者JX-ENEOS(ジェイエックスエネオス)サンフラワーズが、地元新潟アルビレックスBBラビッツを下し、2連勝を飾りました。
日本代表のエースでWNBA(アメリカの女子プロバスケットボールリーグ)でも活躍する渡嘉敷来夢選手、チームの大黒柱である吉田亜沙美選手を中心に、終始安定した試合運びを展開し、観客を魅了していました。
新潟アルビレックスBBラビッツは、新人の宮崎安奈選手、大城利佳選手を中心に積極的なオフェンスを試みていました。

14日(土曜日)/新潟アルビレックスBBラビッツ●57対114○JX-ENEOSサンフラワーズ

エキシビジョンゲームの様子の画像
両日、小・中学生によるエキシビジョンゲームが開催されました
試合の様子の画像
宮崎姉妹の直接対決にも注目が集まりました
(左:姉の宮崎早織選手/右:妹の宮崎安奈選手)
試合の様子の画像
積極的なオフェンスを仕掛け、反撃のチャンスをうかがいます

始球式でトスアップを行う小千谷市長の様子の画像
試合に先立ち、小千谷市長による始球式のトスアップが行われました
シュートする新潟アルビレックスBBラビッツ選手の画像の様子
巧みなドリブルでゴール下に切れ込みシュートを狙います
ハーフタイムショーの様子の画像
ハーフタイムショーでは、小千谷西高等学校書道部のみなさんが書道パフォーマンスを披露してくれました

15日(日曜日)/新潟アルビレックスBBラビッツ●48対103○JX-ENEOSサンフラワーズ

吉田選手がシュートする様子の画像
日本代表でも司令塔を務める吉田選手のジャンプシュート
リバウンドで競り合う両チームの選手の画像
両チームの選手がリバウンドポジションで激しくぶつかりあいます
ハーフタイムショーの様子の画像
若葉會によるお囃子パフォーマンスで会場を盛り上げてくれました

シュートブロックをする渡嘉敷選手の画像
長身センターの渡嘉敷選手のシュートブロックは迫力がありました
試合終了後、集合する選手の画像
試合終了後、試合の健闘と次戦の勝利に向けて鼓舞し合います
飲食テナントブースの様子の画像
飲食テナントブースには大勢の方が訪れていました


<関連リンク>

新潟アルビレックスBBラビッツ公式ホームページ(別の窓が開きます)