ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 市長の部屋 > 市長ダイアリー(平成30年3月)

▼ページ本文はここから

市長ダイアリー(平成30年3月)

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年4月2日更新

東日本大震災被災地への派遣職員に辞令を交付しました(3月30日)

東日本大震災の被災地へ派遣されていた職員と、4月から新たに派遣される職員に辞令を交付しました。
小千谷市は今後も中越大震災の際に全国から受けた支援に対して、被災地へ職員を派遣することでお返ししていきたいと思います。

派遣職員に辞令を交付する大塚市長の画像

魚沼地区生コンクリート協同組合と協定を締結しました(3月28日)

魚沼地区生コンクリート協同組合と「災害時及び火災発生時の応援業務に関する協定」を締結しました。
これは平成28年12月に糸魚川市で発生した大規模火災を受けて、小千谷市においても同規模の火災などが発生した場合、消防用水などを組合のミキサー車で搬送する業務について協定を締結するものです。
今後も、安全な市民生活の確保の推進に取り組んでいきます。

握手をする上村理事長と大塚市長の画像

スキー全国大会に出場する小学生が訪問してくれました(3月12日)

3月16日~19日に北海道名寄市で開催されるスキーの全国大会に出場する、南小学校、吉谷小学校、片貝小学校の3人の児童が訪問してくれました。
3人は2月に開催された県大会で、それぞれ1位・2位・3位の好成績を収め、全国大会への出場を決めました。
「全国の頂点に立てるよう、たくさん練習してがんばりたい」と抱負を聞かせてくれ、とても頼もしく思います。
楽しむことを忘れず、自分の力を出し切ってきてほしいと思います。

市長に報告をする小学生の画像 小学生と、市長、教育長の画像

岩沢地区の春こい火まつりに行きました(3月10日)

岩沢地区で開催された春こい火まつりに行きました。
地域を元気にするには、地域のみなさんが楽しむことが大事です。
私も福餅まきなどに参加し、まつりを楽しませていただきました。

あいさつをする大塚市長の画像 福餅まきに参加する大塚市長の画像

小千谷市褒賞者表彰式を挙行しました(3月10日)

小千谷市は、市政に対して特に功労のあった方々を、毎年3月10日の市制施行記念日に表彰しています。
今年は、15人2団体の方々が受賞され、13人1団体の方々から表彰式にご出席いただきました。
市政の発展に貢献いただいたことに感謝を申し上げるとともに、今後の、さらなるご活躍を期待しています。

あいさつをする大塚市長の画像 集合写真の画像

日枝田恵和さんが訪問してくれました(3月2日)

日枝田さんは、平成25年に東京都江戸川区西中学校から小千谷市の農村体験学習に参加しました。
東京都女子サッカーの有力選手だった日枝田さんは、さまざまな高校から声がかかっていたそうですが、農村体験が縁で新潟県の開志学園に入学し、北信越大会での2ゴールや、全国大会で新潟県初の2回戦進出など、たいへん活躍されました。
4月からは千葉県の帝京平成大学で4年間サッカーを続け、その後、プロを目指したいと話してくれました。
大学でもみなさんの応援を励みに、さらなる活躍をしてくれることを期待しています。

日枝田さんと農村体験受入家族と大塚市長の画像 大塚市長の話を聞く日枝田さんとご両親の画像