ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 市長の部屋 > 市長ダイアリー(平成30年2月)

▼ページ本文はここから

市長ダイアリー(平成30年2月)

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年2月20日更新

市内金融機関から見舞金をいただきました(2月15日・16日・20日)

株式会社第四銀行、株式会社北越銀行、株式会社大光銀行から、当市が2月14日に国の災害救助法適用となった豪雪災害に対して見舞金をいただきました。
温かいご支援をいただき、心からお礼申し上げます。
要援護者はもとより、市民のみなさんが安心して生活を送ることができるよう取り組んでまいります。

第四銀行から見舞金を受け取る副市長の画像 北越銀行から見舞金を受け取る市長の画像

大光銀行から寄附金を受け取る市長の画像

市内企業4社と第四銀行から寄附をしていただきました(2月8日)

エヌ・エス・エス株式会社、株式会社草野商店、株式会社新潟セイキ、山﨑醸造株式会社と株式会社第四銀行から地方創生私募債による寄附をいただきました。
これは第四銀行が地方創生私募債を発行する際に、企業から受け取る手数料の一部を小千谷市の地方創生事業に生かしてほしいと寄附されたものです。
寄附された趣旨を尊重し、人材育成をしっかりと行っていきたいと思います。

寄附目録を受け取る大塚市長の画像 企業のみなさんとの記念撮影の画像

高齢者保健福祉・介護保険事業計画の答申を受けました(2月7日)

小千谷市高齢者保健福祉・介護保険事業検討委員会の中村委員長より計画の答申を受けました。
いただいた答申に基づいて高齢者福祉施策に取り組み、医療・保健・福祉分野において高齢者のみなさんの暮らしを支えていきたいと思います。

中村委員長から答申を受ける大塚市長の画像